本文にジャンプします
メニューにジャンプします

令和3年度 結核検診について

更新日:2021年5月24日

 令和3年度結核検診は、完全予約制で下記のとおり実施します。

1.対象者

  可児市在住の65歳以上の方 (昭和32年4月1日以前に生まれた方)

  ただし、下記の方は受診する必要はありません。
  (1)3か月以内に胸部レントゲンを撮られた方  

  (2)現在結核などで治療中または観察中の方
  (3)病院、会社などで受診される方           

  (4)肺がん検診を受診される方

2.実施時期

  令和3年9月から11月

3.費用

  無料

4.方法

  巡回検診車による胸部エックス線直接撮影

5.場所

  市内指定箇所

  令和3年度結核検診日程表(pdf 122KB)

6.申込み方法

  過去2年間に可児市結核検診を受けられた方へ

    申込みは不要です。

    8月上旬に日時のご案内と検診票が届きます。日時や場所を変更したい場合は、下記担当までご連絡ください。

  過去2年間に可児市結核検診を受けていない方へ
    申込みが必要です。

    担当課まで電話でお申込みください。

7.検診の受け方

・午前中体温を測り、平熱であることを確認してからお越しください。

 来所時に非接触型体温計で測定させていただきます。

・必ずマスクを着用してお越しください。

・お待ちいただく場合、人との距離をあけてください。

・着脱しやすい上着でお越しください。

・撮影時は、ボタンやポケット、刺しゅうのない無地の服でお願いいたします。

 ※金属類、プラスチック類を含むもの、バリウムなどはレントゲンに写ります。
  ブラジャー、ネックレス、エレキバン、湿布などは外しましょう。
  プリントや刺しゅう付きTシャツも不可です。
 ※バリウムを飲んだ場合は、白い便が出なくなってからの撮影をお勧めします。

検診結果通知

  受診後1か月を目安に結果を送付します。

結核について

 結核は決して過去の病気ではありません。可児市の新規登録患者のうち約7割は60歳以上の方です。若い頃、結核が流行っていた世代の人は結核に既に感染している人が多く、加齢や糖尿病、大きな手術などで体力や抵抗力が低下した時に眠っていた菌が目を覚まし、発病しやすくなります。
 早期に発見することで重症化や感染の拡大を防ぐことができます。年1回の結核検診で早期発見に努めましょう。