本文にジャンプします
メニューにジャンプします

特定健診・ヤング健診

更新日:2015年7月7日

特定健診・ヤング健診

次のような健診事業を実施しています。

特定健康診査

 対象者:国保に加入している40歳から74歳の人
検診内容:身体測定、尿、血圧、血液検査
自己負担:要(1,000円)
健診場所:市内指定医療機関

生活習慣病健診(ヤング検診)

対象者:国保に加入している20歳から39歳の人
検診内容:身体測定、尿、血圧、血液検査、胃・大腸がん検診
自己負担:要(3,500円)
健診場所:可児とうのう病院

実施についての詳細は、国保年金課へ問い合わせてください。
検診の内容については、健康増進課へ問い合わせてください。
※特定保健指導は、特定健康診査の結果により対象者を抽出します。

 

健診は生活習慣をチェックするチャンス

 

 最近、健診を受けられましたか。可児市国民健康保険加入者の受診率は、目標65%に対し、依然と低い数字となっています。
 健診は、メタボリックシンドロームを中心とした生活習慣病を予防・改善するための健診です。日本人の約3割は、メタボなどの生活習慣病(ガンを除く)で死亡します。
 生活習慣病は、生活習慣により、よくも悪くもなる病気です。しかし放っておくと症状の出ないまま重症化し、いきなり心臓病や脳卒中の発作が起こったり、重度の糖尿病合併症が起こって不自由な生活を余儀なくされたりします。
 健診では結果を階層化し、受診者の状態に応じた保健指導が行われるため、自分の健康状態を知り、生活習慣を見直すための絶好の機会です。
 また、一方の医療費は今後も増え続けることが予想されますが、私たち一人一人の健康管理で、その上昇を止めることができます。皆さんが健診を受けて健康になることが、医療保険の安定にもつながります。
 ぜひ、毎年受けて、その結果をあなたの健康に役立ててください。
                特定検診啓発イラスト