本文にジャンプします
メニューにジャンプします

可児市消防団の身分・処遇・職務内容

更新日:2021年4月1日

消防団員の身分

 団長は市長から、団長以外の団員は団長から任命され、地方公務員法第3条第3項第5号(非常勤の消防団員及び水防団員の職)により特別職の地方公務員となります。

消防団員の処遇

 消防団員の活動は、地域や住民を火災や水害、震災など様々な災害から守るものであり、常に危険を伴うものですので、その労苦に報いるため、さまざまな処遇策を講じています。

  • 団員報酬
    年額で団員 37,000円、班長38,000円、部長50,000円
  • 出動手当
    水火災その他の災害出動につき1,800円/回、心身に著しい負担を与えると市長が特に認めた災害出動につき5,000円/回、その他の出動につき1,500円/回
  • 退職報償金
    消防団員として2年以上勤務して退団した場合に支給(例:2年間団員として勤務した場合80,000円)
  • 公務災害補償
    消防団活動中に怪我等で医療機関にかかった場合の費用のほか、障がいの程度により休業補償、障がい補償等があります。

消防団の職務内容

 消防団は国民を災害から守る重要な役割を担っています。消防組織法第1条(総則)に「消防は、その施設及び人員を活用して、国民の生命、身体及び財産を火災から保護するとともに、水火災又は地震等の災害を防除し、及びこれらの災害による被害を軽減するほか、災害等による傷病者の搬送を適切に行うことを任務とする。」と明記されており、この任務を遂行することが消防団の目的であり、使命です。

 消防団の職務は有事と平時に分けられ、火災、風水害、地震、土砂災害、人命救助、避難誘導等の有事の際は災害出動を行っています。平時には、火災予防(啓発)活動、警備警戒活動、教育訓練活動、設備・機械器具点検等を行っています。

消防団へ入団するには

 可児市防災安全課までご連絡ください。