本文にジャンプします
メニューにジャンプします

「災害時における支援協力に関する協定」締結式について

更新日:2019年9月11日
可児市では、令和元年9月11日に株式会社善都と「災害時における支援協力に関する協定書」の締結式を行いました。

 
この協定は、可児市内において災害が発生した場合に、株式会社善都が保有する駐車場の一部を資材置き場、災害廃棄物の一時保管場所として提供いただきます。また、地域住民と連携した防災対策に取り組んでいただきます。
 冨田成輝可児市長は、「いつ何が起こるかわからない昨今、力を貸していただけるとありがたい。防災訓練等においても、防災意識の向上に協力いただきたい」と述べました。
 都筑善雄代表取締役社長は、「地元に根差す企業として、今日の締結式を節目とし、行政や市民の手伝いをしていきたい」と話しました。
可児市長、善都代表取締役社長