本文にジャンプします
メニューにジャンプします

災害時の避難情報の発令について

更新日:2021年5月20日

災害時の避難情報の発令について

災害対策基本法において、市は地域防災計画を作成し実施する責務を有するとされており、市は避難情報の発令基準を定め、災害が発生し、又は発生するおそれがある場合に避難情報を発令します。

避難情報の発令基準は、可児市地域防災計画に係る個別計画である「避難情報の判断・伝達マニュアル」において定めています。

災害対策基本法改正に伴う避難情報の変更について

災害対策基本法の改正に伴い、令和3年5月20日から災害時の避難情報の発令内容が変更となります。

主な改正点

主な改正点は次のとおりです。

(1)避難のタイミングを明確にするため、警戒レベル4の避難勧告と避難指示(緊急)を「避難指示」に一本化(現行で避難勧告を発令しているタイミングで、避難指示を発令する)。

(2)災害が発生・切迫し、警戒レベル4での避難場所等への避難が安全にできない場合に、自宅や近隣の建物で緊急的に安全確保するよう促す情報を、警戒レベル5「緊急安全確保」として位置づけ。

(3)早期の避難を促すターゲットを明確にするため、警戒レベル3の名称を「高齢者等避難」に見直し。

内閣府ホームページ

災害対策基本法改正の詳細は、内閣府HPをご確認ください。
http://www.bousai.go.jp/oukyu/hinanjouhou/r3_hinanjouhou_guideline/