本文にジャンプします
メニューにジャンプします

久々利八幡神社大祭

更新日:2020年3月23日

久々利八幡神社大祭

久々利八幡神社の例祭で、獅子と2台の山車が繰り出し、山車の上でのからくり人形と獅子舞が演じられます。
大祭当日の午後、久々利八幡神社で神事を行った後、獅子と2基の神輿(八幡神輿と六角神輿(天満宮))が行列を組んで出発し、途中で2台の山車と合流してお旅所の八剣神社へと渡御する。
八剣神社では、神事の後、ハナウバイ、獅子舞、2台の山車で「からくり人形」が演じられる。
この例祭は、可児市の重要無形民俗文化財に指定されています。
山車の行列写真御旅所の山車の写真
 
ハナウバイ
 ハナウバイは、縁起物の御花を見物の子どもに配る。(昔は、氏子と見物客が御花を奪い合って取っていた)
ハナウバイの写真
獅子
獅子は、神輿渡御の際に道中のお祓いのため祭礼行列の先頭を行き、お旅所(八剣神社)で獅子舞を舞う。
行列の先頭を行く獅子の写真獅子舞の写真
山車
山車は、準三層構造の屋台を組み、唐破風屋根の構えであり、からくり人形の演技が行えることができる型式で、2台の山車の前方を「前車」、後方を「後車」と呼んでいる。
前車で演じられる演目は「クモマイ(蜘蛛舞)」で、唐人服姿の姫とおじいさんの人形が登場し、姫が鉄棒の大車輪の技を披露する。
クモマイの写真クモマイの写真2

後車で演じられる演目は「サヨヒメ(佐夜姫)」で、殿様と姫様が登場し、後で大蛇が出てきて殿様と戦った後に大蛇が木に巻きついて回転をする。それから竹ジャに移り、竹先で回転をして脱皮をして花吹雪を舞い散らせて人形演技は終わる。
サヨヒメの写真サヨヒメの写真2
「からくり人形」の演技の終了で祭礼は終了する。
開催日

現在は4月の15日に近い日曜日に開催


※ 令和2年4月19日(日曜日)に開催予定でした例祭(春祭り)は中止になりました。

実施組織
祭礼は元久々利組の組織により行われています。