本文にジャンプします

可児地区内の刑法犯発生状況と検挙状況

更新日:2022年3月1日

 令和3年中の可児地区内の刑法犯発生状況

  • 令和3年中の刑法犯の認知状況と検挙状況
可児署管内   平成29年 平成30年 令和元年 令和2年 令和3年
認知件数(件) 794 632 622 532  496
検挙件数(件) 235  238 289 302  194
検挙人員(人) 141

182

170 158  147

 

  • 令和3年中の刑法犯の罪種別認知等状況
  凶悪犯 粗暴犯 窃盗犯 知能犯 風俗犯 その他 合計

可児署管内

認知件数

1(-2) 54(-1) 314(-41) 24(-3) 1(-5) 102(+16) 496(-36)

可児市

発生件数

1(0) 48(0)  263(-46) 23(+6) 0(-3) 92(+17) 427(-26)

御嵩町

発生件数

0(-2) 6(-1) 51(+5) 1(-9) 0(-2) 8(-2) 66(-11)

※凶悪犯 (殺人、強盗、放火、強制性交等)
 粗暴犯 (暴行、傷害、脅迫、恐喝等)
 知能犯 (詐欺、横領、偽造、汚職等)
 風俗犯 (強制わいせつ、公然わいせつ等)

※括弧内の数字は前年比

※可児署管内認知件数は、可児警察署が認知した件数であるため、可児市内発生件数と御嵩町内発生件数の合計と合致しない場合があります。

  • 令和3年中のニセ電話詐欺の被害状況
岐阜県 可児署管内
認知件数(件) 218(+68) 8(+3)
被害金額(約万円) 27,972(+961) 834(+412)

※括弧内の数字は前年比

出典:可児警察署だより,令和4年3月発行

詳しくは

県内の犯罪統計 (岐阜県警察ホームページ)