本文にジャンプします
メニューにジャンプします

障害者控除対象者認定書の交付

更新日:2019年2月18日
 所得税の年末調整・確定申告、市県民税申告などで要介護認定高齢者(本人、配偶者又は扶養親族)に係る障害者控除の適用を受けようとする場合には、要介護認定の状況に応じて「障害者控除対象者認定書」を交付しますので、次の要領により申請してください。
 なお、身体障害者手帳等により障害者控除を受けようとする場合には、この認定書は必要ありませんので、交付を控えさせていただくことがあります。
 

1 対象者

 12月31日(年の途中で死亡した場合は死亡日)時点で次の⑴及び⑵の両方に該当する人
 ⑴ 年齢が65歳以上 
 ⑵ 要介護1以上

2 申請者

 ⑴ 対象者本人
 ⑵ 対象者と同一世帯で生計を一にする親族
 ⑶ 対象者から認定書の交付に関する委任を受けた人(別居の親族を含む)

3 申請に必要なもの

 ⑴ 申請者の身分証明書(運転免許証、健康保険証など) ※注1
 ⑵ 委任状 ※注2
 ⑶ 障害者控除対象者認定申請書

※注1 記入済の申請書を申請者以外の人が提出する場合は、来庁者の身分証明書と申請者の身分証明書の写しが必要になります。

※注2 申請者が「2申請者」の⑴、⑵のどちらでもない場合に必要になります。なお、対象者が死亡している場合は、委任状の代わりに対象者と申請者の関係が記載されている官公署が発行した書類(戸籍抄本等)が必要になります。

4 申請方法

 「3申請に必要なもの」に掲げた必要書類を介護保険課に提出してください。
 複数年分をまとめて申請する場合は、申請書が年毎に1枚ずつ必要になります。
 要件を満たしていれば、窓口にて即日交付できます。
 郵送で申請することもできます。

障害者控除対象者認定申請書(ワード形式)
障害者控除対象者認定申請書(PDF形式)

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?