本文にジャンプします
メニューにジャンプします

災害派遣等従事車両証明書の発行について

更新日:2019年10月17日
 被災地でボランティア活動をされる方の車両や、復旧・復興にあたるための物資等を輸送するための車両については、「災害派遣等従事車両証明書」を料金所で提示することで、高速道路料金の無料措置を受けられます。
 車両証明書の発行申請の方法については下記の通りです。

災害ボランティア車両の高速道路無料措置について


 令和元年7月1日より、災害ボランティア車両の高速道路無料措置について手続きが簡素化されました。
(現地ボランティアセンターへの事前申請・可児市役所への証明書発行申請が不要になりました。)

 被災地でのボランティア活動において、高速道路の無料措置を希望される方は、中日本高速道路株式会社などの道路会社の特設HPから証明書発行の申請手続きが行えます。
 詳細な手続き等につきましては、高速道路会社のHPに掲載されておりますので、ご確認ください。

 災害ボランティア車両の高速道路無料措置における手続きについて(中日本高速道路株式会社)
 

災害救援車両の高速道路無料措置について


 証明書発行の対象は、被災都道府県内自治体の災害ボランティアセンター・社会福祉協議会などから、災害救援車両として受入れ承認を得た可児市の事業者の方です。
 災害救援車両の証明書については、可児市防災安全課が発行しますので、発行を希望される事業者の方は、防災安全課までお問合せください。

対象となる自治体


 令和2年4月1日現在の、災害ボランティア車両・災害救援車両の高速道路無料措置の対象となる自治体は下記の通りです。
 災害名  被災地名   期間
 令和元年8月九州豪雨災害  佐賀県  令和元年9月2日(月曜日)~令和2年3月31日(火曜日)
 令和元年台風15号  千葉県  令和元年9月17日(火曜日)~令和2年6月30日(火曜日)
 令和元年台風19号  長野県
          
 茨城県
 栃木県
 福島県
 宮城県

神奈川県
 令和元年10月15日(火曜日)~令和2年6月30日(火曜日)

(平成28年熊本地震・平成30年大阪北部地震・平成30年7月豪雨・平成30年北海道胆振東部地震・令和元年9月3日大雨(岡山県)についての発行受付期間は終了しました。)