本文にジャンプします
メニューにジャンプします

合併処理浄化槽設置補助金

更新日:2021年5月28日

下水道等の整備対象となっていない区域において、生活排水による公共用水域の汚濁を防止し、生活環境の保全を図るため、合併処理浄化槽を設置する場合に補助をします。
なお、この補助金制度は、岐阜県及び国からの補助金を受けています。
補助対象となるかの判断などは、事前に下水道課へご相談ください。

合併処理浄化槽設置事業補助金交付概要

1.対象工事

 ア)処理対象人員が50人槽以下であること

 イ)下表の補助対象となる地域で合併処理浄化槽を設置する工事

整備別の区域 補助対象

(1)

流域関連公共下水道事業の全体計画区域

×

(2)

特定環境保全公共下水道処理区域

×

(3)

農業集落排水事業処理区域

×

(4)

(1)~(3)以外の地域のうち市長が認めた地域

(5)

(1)~(3)の地域のうち下水道等が未整備で今後も整備が困難な地域

  ※下水道等=流域関連公共下水道、特定環境保全公共下水道、農業集落排水処理施設

  ※(5)の下水道等が未整備で今後も整備が困難な地域とは、下水道等の整備が7年以上見込まれな

 い地域であること。(合併処理浄化槽設置整備事業実施要綱及び取扱い通知による)

 ウ)申請工事が当該年度内に完了すること

2.対象者

 補助対象となる地域で、自らが居住する一般住宅にに合併処理浄化槽を設置する方(販売・展示・営利の目的で住宅を建築する場合は除く)で、汚水処理普及率の向上(新設、くみとり便所からの切替え、単独浄化槽からの切替え)に該当する場合。

3.補助金額

 合併処理浄化槽の設置に要する費用。ただし、浄化槽の種別・人槽区分により下表の額が限度となります。

浄化槽の種別   人槽区分  補助金限度額
 合併処理浄化槽  5人槽  332,000円
 6~7人槽  414,000円
 8~10人槽  548,000円
 11~20人槽  939,000円
 21~30人槽  1,472,000円
 31~50人槽  2,037,000円

 窒素又は燐除去能力を有する高度処理型合併処理浄化槽

 5人槽  384,000円
 6~7人槽  462,000円
 8~10人槽  585,000円
 11~20人槽  1,092,000円
 21~30人槽  1,860,000円
 31~50人槽  2,496,000円
 高度窒素除去能力を有する高度処理型合併処理浄化槽  5人槽  474,000円
 6~7人槽  615,000円
 8~10人槽  723,000円
 窒素及び燐除去能力を有する高度処理型合併処理浄化槽  5人槽  528,000円
 6~7人槽  693,000円
 8~10人槽  963,000円
 11~20人槽  1,674,000円
 21~30人槽  2,811,000円
 31~50人槽  3,774,000円
 BOD除去能力に関する高度処理型合併処理浄化槽  5人槽  489,000円
 6~7人槽  654,000円
 8~10人槽  903,000円
 11~20人槽  1,551,000円

 21~30人槽

 2,607,000円
 31~50人槽  3,501,000円

4.申し込み

  1. 浄化槽設置届出書または浄化槽設置通知書の写し
  2. 浄化槽工事請負契約書の写し
  3. 全浄協登録証の写し
  4. 全浄協登録浄化槽管理票C票
  5. 全浄連の機能保証登録証または、岐浄連の生涯機能保証登録証
  6. 土地または建物を借りている方は、賃貸人の承諾書
  7. 浄化槽設置工事設計図面

※全浄協=全国合併処理浄化槽普及促進市町村協議会、全浄連=一般社団法人全国浄化槽団体連合会、岐浄連=公益社団法人岐阜県浄化槽連合会

5.補助金の交付

工事完了後に完了検査を行います。検査に合格した後、提出していただいた請求書に記入された口座へ振り込みをします。

※補助金は予算の範囲内で交付されますので、時期によっては受けられない場合があります。

6.補助金の申し込み期限

着手前に申請し、交付決定後に着工、申請年度内に工事等を完了しなければならないため、毎年12月25日(当日が土曜・日曜・祝祭日で休日の場合、直前の平日とします。)を提出期限の目安として計画してください。