本文にジャンプします

第30回可児市文芸祭(結果)

更新日:2022年12月2日

一般の部は、短編小説、随筆、現代詩、短歌、俳句、川柳、狂俳、俚謡の8部門に市内外から総計1,922点の応募がありました。また、小中学生の部は、詩または作文、短歌、俳句の3部門に市内小中学校から総計1,920点の応募がありました。

審査の結果、一般の部は222点が、小中学生の部は294点が入賞、入選となりました。

 

上位入賞者の方は、次のとおりです。(敬称略)

一般の部

短編小説

文芸祭賞:奥村 房世(可児市)

市長賞:樋口 健司(揖斐郡)
教育長賞:山田 利男(可児市)

市制40周年特別賞:前田 三紀(可児市)

随筆

文芸祭賞:髙橋 啓子(各務原市)
市長賞:佐々木 凌(岐阜市)
教育長賞:安藤 邦緒(本巣郡)

市制40周年特別賞:奥村 房世(可児市)

現代詩

文芸祭賞:岩崎 明(各務原市)
市長賞:釛子 ふたみ(東京都)
教育長賞:白木 憲(岐阜市)

市制40周年特別賞:山附 純一(高山市)

短歌

文芸祭賞:打浪 紘一(大阪府)
市長賞:山田 雅弘(愛知県)
教育長賞:澤田 典子(徳島県)

市制40周年特別賞:佐野 雅美(可児市)

俳句

文芸祭賞:纐纈 町子(加茂郡)
市長賞:伸子(多治見市)
教育長賞:鷲津 誠次(可児市)

市制40周年特別賞:日比野 銘仔(可児市)

川柳

文芸祭賞:鎌田 誠(北海道)
市長賞:髙木 みち子(愛知県)
教育長賞:堀田 志保(愛知県)

市制40周年特別賞:日比野 則倖(可児市)

狂俳

文芸祭賞:澤田 恒芳(可児郡)
市長賞:瀧谷庵 笑楽(郡上市)
教育長賞:伊串 沙絵(愛知県)

市制40周年特別賞:日比野 則倖(可児市)

俚謡

文芸祭賞:暁 夢華(茨城県)
市長賞:清水 亮鳴(揖斐郡)
教育長賞:川澄 と貴子(茨城県)

市制40周年特別賞:後藤 郵子(各務原市)

小中学生の部

詩または作文

文芸祭賞:江村 心愛(蘇南中学校2年生)

市制40周年特別賞:河合 桃佳(蘇南中学校1年生)

短歌

文芸祭賞:柴田 樹里(広陵中学校2年生)

市制40周年特別賞:前川 菜々子(広陵中学校3年生)

俳句

文芸祭賞:服部 早希(広陵中学校3年生)

市制40周年特別賞:井沢 怜桜(中部中学校2年生)

入賞作品の展示(入場無料)

一般の部の優秀賞以上81点及び小中学生の部の特選以上102点の作品を展示し、上位入賞者は12月4日(日曜日)の表彰式にて表彰します。

 

【期間】
11月30日(水曜日)から12月4日(日曜日)
午前9時から午後10時30分まで
※最終日は午後1時まで

【場所】
文化創造センター・アーラ ギャラリー

朗読会について

各部門の受賞作品を文学座の俳優が朗読します。

【日時】12月4日(日曜日)午後2時から(開場午後1時30分から)

【場所】可児市文化創造センター・アーラ 演劇ロフト

【入場料】無料

【朗読】鬼頭 典子(文学座)

 

問合先

可児市文化創造センター・アーラ
〒509-0203 岐阜県可児市下恵土3433番地139
電話0574-60-3311