本文にジャンプします
メニューにジャンプします

産み育てやすい街づくりを目指して

更新日:2015年12月22日
マタニティマークとは、妊産婦さんが外出する時に身につけるマークです。
妊娠中、特に初期には、外見からは妊娠していることがわかりにくい上に「つらい症状」がある場合もあります。
マタニティマークをつけている女性を見かけたら、思いやりあるお気遣いをお願いします。

マタニティーマーク
 マタニティーマーク

マタニティーマークを見かけたら
・近くでの禁煙は控える
・「お手伝いしましょうか」の優しい一言
・電車、バス、飲食店の待合席などでは、優先して席を譲る など

可児市役所健康増進課では、平成21年9月1日から母子健康手帳を交付するときにマタニティストラップを一緒にお渡しし、かばんなどに付けて活用してもらっています。
交通機関、職場、飲食店、その他の公共機関が、この取組や呼びかけ文を付してポスターなどとして掲示し、妊産婦にやさしい環境づくりを推進しています。

マタニティーマークチラシ画像