本文にジャンプします
メニューにジャンプします

先輩職員の声 水道課(平成30年度入庁 土木技術職)

更新日:2019年4月8日
仕事・職場について

 私が所属している水道課公務係では、水道本管の新設・入替・維持修繕業務を行っています。主な担当業務は、水道工事の設計・施工管理と、漏水や水の濁り等の修理・応急対応で、デスクワークだけではなく現場作業も多いです。また、他の部署や係に比べると市民と直接接する機会は少ないですが、水は生活に欠かせないものですので、市民の皆様に安心してお使いいただけるよう日々の業務に努めています。

 
実際に働いてみて
 市職員の仕事は、市民が不自由なく普段の生活を送れるよう陰で支える大切な仕事ですが、成果は表に出ないことが多く縁の下の力持ちという印象です。しかし、現場等でお礼やご意見をいただくと、自身の仕事の先には市民の生活があると実感し、責任とやりがいを感じることができます。また、業務を行うには幅広い知識と経験が必要となりますが、市役所の業務は個人ではなく組織で取り組みます。最初は分からないことも多く不安になりますが、一人で抱えず周りに相談すればフォローしていただけますし、様々な仕事が経験できるのは魅力の一つです。
水道課土木技術職

受験生の皆さんへ
 市職員の仕事は、業務範囲が広く異動もあるので、多くの知識・経験が必要です。また、私たちの仕事の先には市民の生活があり責任も伴いますので、決して楽な仕事ではありません。ただ、前項で記述したような、この仕事ならではの魅力もあります。特に私たちの業務の多くは地域・住民・業者と協力して初めて行え、可児市全体が職場であり、仲間であると言えます。この感覚は地元の役に立ちたいと思い入庁した私には最大の魅力です。可児市の発展や市民の役に立ちたいと思う方、ぜひ一緒に働きましょう。