本文にジャンプします
メニューにジャンプします

先輩職員の声 健康増進課(平成30年度入庁 保健師)

更新日:2019年4月8日
仕事・職場について
 私は健康増進課成人保健係に所属しています。市民の方への健康相談や特定保健指導、健康教室を行っています。他にも赤ちゃんの健診や育児相談、新生児訪問、母子手帳の交付などの母子保健事業にも携わらせてもらっています。対象の方々のお話に耳を傾け、心身ともに健康を目指して生活改善できるように、その方にとってよりよい生活とは何かを一緒に考えます。尊敬する先輩方から日々ご指導をいただきながら、悩んだ時にはすぐに相談に乗っていただけるため、いつも前向きに頑張ることができています。
実際に働いてみて
 業務ではまだまだ慣れないことも多いですが、赤ちゃんから高齢の方まで幅広い年齢の方々と関わることができ、学生の頃にイメージしていたよりも仕事は楽しく、とても充実しています。また市民の方から勉強させていただくことも多く、仕事を通して人としても成長できるような気がします。特に「話してよかった」「話を聴いてもらえてよかった」と言ってもらえたときや、赤ちゃんや子どもの笑顔が見られたときが、とても嬉しくやりがいを感じます。今後もひとつひとつの経験を大切にし、技術や知識を増やし、いつか自信を持って「保健師です!」と言えるようになりたいです。
健康増進課保健師

受験生の皆さんへ
 私は可児市で育ったので、可児市がとても大好きですが、可児市について知らないことがたくさんありました。今でも仕事を通して学ぶことが多くあります。受験する前に市のホームページによく目を通しておくと、魅力ある可児市に興味がわいてくると思います。ぜひ健康増進課のある子育て健康プラザ・マーノにも遊びに来てみてください。就職活動は大変かと思いますが、早めに受験の準備をして、「可児市で働きたい」「保健師として働きたい」という思いを大切にすると良いと思います。一緒に働けることを楽しみにしています!