本文にジャンプします
メニューにジャンプします

第19回可児市環境フェスタについて

更新日:2019年2月5日
 環境パートナーシップ・可児(可児市環境フェスタ実行委員会)は、広見地区センターゆとりピアで「第19回可児市環境フェスタ」を開催します。
 環境に関する各種団体のブースでは、展示、体験などができます。
 是非、ご来場ください!

 開催日  平成31年2月24日 日曜日 9時から15時30分
 開催場所 広見地区センター

 〇パンフレット表面(pdf 360KB)
 〇パンフレット中面(pdf 351KB)
 
 パンフレットパンフレット

フードドライブにご協力ください。

 家庭で余っている食品を廃棄ではなくみんなで持ち寄り、福祉団体や施設などに届ける活動です。
 「もったいない」を「ありがとう」に変えるチャンスです。是非、ご協力をよろしくお願いします。
〇集める食品
 大まかには、未開封かつ賞味期限が3ヶ月程度残っている常温食品(量については、少量からでも受け入れ可能)
 
 ・お米(できれば玄米の状態、白米であれば精米して半年未満のもの)
 ・缶詰(肉、魚、野菜、果物など)
 ・レトルト食品(カレー、カップ麺など)
 ・乾物(パスタ、うどん、蕎麦など)
 ・ギフトの品(お歳暮、お中元などの余剰)
 ・お菓子
 ・飲料(ペットボトル飲料、缶ジュースなど)
 ・乳幼児食品(粉ミルク、離乳食など)
 ・醤油、みそ等の調味料
〇受入れができない食品
 ・賞味期限が明記されていない食品
 ・賞味期限まで1か月を切っている、又は既に切れている食品
 ・精米して半年以上経過した白米
 ・開封されている、外気に触れてしまっている食品
 ・生鮮食品(肉類、魚介類、生野菜など)
 ・冷蔵、冷凍食品
 ・アルコール(みりん、料理酒は除く)

小型家電の回収を行います。

 携帯電話などの小型家電には、金・銀・リチウムなどの地球上に少量しか存在しない貴重な金属(レアメタル)が含まれています。  
 可児市では、この貴重な資源の再生利用のため「小型家電の回収実証事業」を平成26年2月より実施しています。
 環境フェスタ当日は、会場でも回収を行います。
 ごみの減量化と資源化のため、ご協力をお願いします。

 小型家電についてはこちらをご覧ください。⇒小型家電の回収について