本文にジャンプします
メニューにジャンプします

償却資産の申告について

更新日:2017年6月30日
償却資産とは
 法人や個人で工場や商店などを経営している方や、駐車場やアパートなどを貸し付けている方が、その事業のために用いている構築物・機械・工具・器具・備品等の固定資産を償却資産といい、土地・家屋と同じように固定資産税が課税されます。

 ※ 鉱業権・漁業権・特許権などのような無形固定資産、自動車税の課税対象となっている自動車などは課税の対象とはなりません。
 ※ 「事業のために用いている」とは、所有者がその償却資産を自己の営む事業のために使用する場合だけでなく、事業として他人に貸し付ける場合も含めます。

申告の必要な方
 工場や商店を営んでいたり、駐車場やアパートを貸し付けている等の事業を行っている方で、償却資産をお持ちの方が対象になります。
 申告書が届いた方で、償却資産をお持ちでない方は、その旨を備考欄に記入して提出してください。

申告の対象となる資産
 各年1月1日(賦課期日)現在、土地・家屋以外の事業の用に供することができる資産が申告の対象となります。詳細は添付ファイルの「償却資産の手引き」をご覧ください。

提出書類
  1. 償却資産申告書
  2. 種類別明細書(増加・全資産用)
  3. 種類別明細書(減少用)

 ※ 控用の返送を希望される方は、切手を貼付した返信用封筒を同封してください。
   返信用封筒が同封されていない場合は、返送できませんのでご了承ください。

提出期限・提出先
 提出期限:1月末日
 
提出先 :〒509-0292 岐阜県可児市広見一丁目1番地
      可児市役所 税務課 家屋係

添付ファイル

償却資産の手引き(pdf 118KB)

 

リンク
償却資産申告書
太陽光発電設備に関する固定資産税(償却資産)について
わがまち特例(地域決定型地方税制特例措置)について