本文にジャンプします
メニューにジャンプします

その他景観について

更新日:2014年1月6日

都市計画課

景観計画・景観条例に基づく届け出

 建築物の建築(増築や改築、外観の修繕などを含む)、工作物の新設、土地の地質変更、土石の採取をする場合で、その高さや事業区域面積が一定規模以上の行為については、届け出が必要です。 それぞれに基準を定めていますので、詳しくは都市計画課にお問い合わせください。

屋外広告物許可申請

 良好な景観を形成し、風致の維持と公衆への危害防止のため、屋外広告物の掲出はあらかじめ許可を受けなければなりません。
 店舗名や会社名などの広告物を自分の店舗や事業所などに掲出する場合にも、表示面積の合計が10平方メートルを超えるものは許可が必要です。
 新規に看板などの広告物を掲出する場合は、許可申請の手続きが必要です。ご不明な点は、都市計画課にご相談ください。

景観相談

 都市の景観形成において、市民や事業者が担う割合は大きく、景観を向上していくには自発的な協力が必要となります。そこで良好な景観形成を図るため、専門家による景観相談を無料で開設しています。「建築意匠」、「デザイン・色彩」、「緑化」のメニューの中から、皆さんが考えている計画や設計などに専門的な知識を取り入れることができます。詳しくは、都市計画課までお問い合わせください。

リンク