本文にジャンプします
メニューにジャンプします

"社会を明るくする運動"のページ

更新日:2017年10月23日

“社会を明るくする運動”とは

  “社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し,立ち直りを支える地域のチカラ~は、すべての国民が、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちや非行をした少年たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない明るい社会を築こうとする全国的な運動です。

地域の力が犯罪や非行を防ぐ

 この運動の浸透と成果を期するため、街頭広報活動、鉄道各駅でのポスター掲出、報道機関による広報活動のほか、住民集会、座談会、映画会、弁論大会、スポーツ大会、街頭パレード、全国の小中学生を対象とした作文コンテストの実施など地域に根差した草の根運動が展開されています。

 「更生保護の日」である7月1日からの1か月を強調月間として、全国各地で新聞やテレビ等による広報、街頭キャンペーンや講演会の開催など、さまざまな活動が実施されます。

  さらに詳しく知りたい方は、法務省のページをご覧下さい。

平成29年度 社会を明るくする運動可児地区作文コンテスト

 地区(可児市・御嵩町)内の小中学生に、「非行や犯罪のない地域社会づくり」や「犯罪や非行をした人の立ち直り」をテーマとした作文を募集しました。
 354点(小学生152点、中学生202点)の応募作品から、厳正な審査の結果、小・中各3点の入賞作品を決定しました。

審査会

 ・日程 平成29年9月12日(火曜日)
 ・場所 可児市役所4階第2会議室

審査員

 ・ 審査長 髙木 俊朗 さん(御嵩町 教育長)
 ・ 審査員 前島 晌  さん(可児保護区保護司会 会長)
 ・ 審査員 山本 均  さん(可児保護区保護司会 犯罪予防部長)
 ・ 審査員 大川 朋子 さん(可児地区更生保護女性の会 会長)

 

審査結果

小学生の部

 ・ 社明運動推進委員会会長賞  東 明小学校 5年 本村 和  さん
 ・ 保護司会会長賞       今渡北小学校 5年 渡辺 美羽 さん
 ・ 更生保護女性の会会長賞   今渡北小学校 5年 大野 真奈 さん

中学生の部

 ・ 社明運動推進委員会会長賞  東可児中学校 2年 冨田 こまち さん
 ・ 保護司会会長賞       蘇 南中学校 3年 菅原 峻   さん
 ・ 更生保護女性の会会長賞   西可児中学校 2年 磯部 美桜  さん

入賞作品

第67回社会を明るくする運動可児地区作文コンテスト入賞作品(小学生)(pdf 143KB)

第67回社会を明るくする運動可児地区作文コンテスト入賞作品一覧(中学生)(pdf 265KB)