本文にジャンプします
メニューにジャンプします

可児市地域公共交通協議会

更新日:2018年10月19日

概要

市民の生活に必要な地域公共交通の確保や旅客の利便の増進を図るために、地域の実情に即した輸送サービスの実現に必要となる事項を協議する組織です。
関係する公共交通事業者、市民・旅客、国、県、学識経験者等により20名の委員で構成しています。


目的

  1. 地域の公共交通のあり方、改善、利便の向上等に関すること。
  2. 道路運送法施行規則(昭和26年運輸省令第75号)第9条の2に規定する地域公共交通会議として、一般乗合旅客自動車運送及び自家用有償旅客運送について必要な協議を行うこと。
  3. 地域公共交通の活性化及び再生に関する法律(平成19年法律第59号)第5条第1項に規定する地域公共交通網形成計画を作成する場合は、同法第6条第1項に規定する協議会として、地域公共交通網形成計画の作成及び実施に関する必要な協議を行うこと。 
  4. 協議会の運営方法その他協議会が必要と認めること。

平成30年度第1回可児市地域公共交通協議会の協議内容

 

  第1回

 日時

平成30年8月29日(水曜日) 午後2時00分から午後4時00分
 議事

協議第1号 多治見市ききょうバス総合福祉センター・太平公園線の廃止
      及び代替手段の確保について
      (資料3・資料4)
報告第1号 市コミュニティバス平成29年度実績及び平成30年度事業について
      (資料5)
報告第2号 市地域公共交通網形成計画策定に係る基礎調査について
      (資料6)
協議第2号 可児市地域公共交通網形成計画について
      (資料7)

 その他
 添付ファイル
次第(pdf 3KB)
資料1(pdf 9KB)
資料2(pdf 773KB)
資料3(pdf 53KB)
資料4(pdf 471KB)
資料5(pdf 891KB)
資料6(pdf 2475KB)
資料7(pdf 95KB)
議事要点録(pdf 21KB)

お知らせ及び過年度の協議内容について