本文にジャンプします
メニューにジャンプします

かかりつけ医があなたと家族を守ります

更新日:2009年3月3日

かかりつけ医ってどんな人

 かかりつけ医とは、日常的な診療や健康管理をしてくれる近所の診療所・医院の医師のことです。あなたやご家族の健康状態をよく知り、気軽に相談できる、心強い味方です。

どんなときにかかるの?

 みなさんが、風邪をひいたり、けがをしたとき、また健診で小さな異常を指摘されたときなどは、まずかかりつけ医に相談しましょう。もちろん専門分野の治療や検査が必要な場合は、かかりつけ医から適切な病院を紹介してもらえます。何でも相談でき、日頃の健康状態をよく知っているかかりつけ医をもつことが、健康への第一歩です。

明日の地域医療のために

 今、地域医療は、各医療機関の連携や救急体制の在り方など、さまざまな課題に直面しています。医療機関は、みなさんが適切な相談や医療を受けられるように地域の医療連携に取り組んでいます。医療連携とは、高度な医療設備や専門性を持った中核病院とみなさんの身近にある地域の診療所や医院等のかかりつけ医とが役割分担をすることです。互いの長所を活かしながら患者さんの症状に応じた適切な医療を提供し、病気の治療や早期発見につなげます。