本文にジャンプします
メニューにジャンプします

風しんの追加的対策について

更新日:2019年5月29日
 

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性の皆様へ

 
 2022年3月31日までの間に限り、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性に対して、風しん抗体検査・予防接種を公費で受けられます。 
 対象者の方には、お届けするクーポン券を利用して、まず抗体検査を受けていただき、抗体検査の結果、十分な量の抗体がない方は、定期接種の対象となります。
 

風しんの抗体検査・予防接種までの流れ

 
 クーポン券(抗体検査用、予防接種用)は、住民票のある市区町村から届きます。
 2019年度のクーポン券送付の対象者は、昭和47年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性です。(可児市は、2019年5月下旬に発送しました。)
 ※昭和37年4月2日から昭和47年4月1日までの間に生まれた男性のうち、2019年度の検査を
 希望される方は、市健康増進課までお問合せください。
 
1.下記一覧表の実施機関に抗体検査を予約します。
  抗体検査は、事業所健診や特定健診等の採血の機会に同時に受けることもできます。健診同
 日実施を希望される場合は、健診受診予定機関にお問い合わせください。
2.抗体検査(採血検査)を受けます。
  当日、下記の3点を必ずお持ちください。  
  1.クーポン券
  2.本人記入済み抗体検査受診票
  3.本人確認書類(事業所健診で本人確認が行われる場合、あらためて本人確認書類を提示
   する必要はありません。)
  ※後日、抗体検査結果を受け取ります。
 ☆抗体検査の結果、予防接種対象者となった場合は、予防接種を受けていただきますが、風し
  んへの抵抗力が一定程度あることが認められた場合は、今回の定期予防接種の対象となりま
  せん。
3.予防接種を受けましょう。
  ※下記一覧表の医療機関に予約します。当日、下記の3点を必ずお持ちください。
  1.クーポン券
  2.結果記載済みの抗体検査受診票
  3.本人確認書類 
   ☆接種後、接種記録が記載された予診票のご本人控えを受け取ります。
    これは予防接種済証となりますので、各自で大切に保管してください。

 

実施機関

 可児市郡実施医療機関及び 
 全国の実施機関(全国の実施機関については厚生労働省のホームページをご参照ください。)
 2019年度 可児市郡実施医療機関一覧表(pdf 192KB)

 よくあるご質問

 
 Q1 クーポン券に有効期限はありますか。
 A1 可児市の抗体検査クーポン券は発行された年度のみ有効、予防接種クーポン券は2022年
   3月31日まで有効です。有効期限内に抗体検査が出来ない場合は、市健康増進課へお問い
   合わせください。
 
 Q2 本人確認書類はなぜ必要なのか。本人確認書類として、何を持っていけばいいですか。
 A2 本事業の対象者であるかを確認するためです。免許証、マイナンバーカード等をお持ちく
   ださい。 

 Q3 過去の検査で抗体不十分と言われました。今回の対象者なので予防接種は無料で受けら
   れますか。
 A3 平成26年4月以降の抗体検査結果記録が必要です。その結果について、医師が基準に基づ
   き接種対象であると判定した場合には、定期接種(費用無料)として受けることができま
   す。
  

詳細は、厚生労働省のホームページをご参照ください。 

 
  厚生労働省 風しんの追加的対策について