本文にジャンプします
メニューにジャンプします

【10代・20代の男性と保護者の方へのお知らせ】新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について

更新日:2021年10月21日

新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について

 ファイザー社と武田/モデルナ社の新型コロナワクチン接種後に、ごくまれに、心筋炎・心膜炎を発症した事例が報告されています。特に10代・20代の男性の2回目の接種後4日程度の間に多い傾向があります。

  ワクチン接種後4日程度の間に胸の痛み、動悸(どうき)、息切れ、むくみなどの症状がみられた場合は、速やかに医療機関を受診して、ワクチンを受けたことを伝えてください。

〇こうした症状は、心筋炎・心膜炎の典型的な症状です。ただし、そのほかの原因でもこれらの症状となることがあります。医師の診察を受けましょう。

〇心筋炎・心膜炎と診断された場合は、一般的には入院が必要となりますが、多くは安静によって自然回復します。

10代・20代の男性は、ファイザー社のワクチンの接種も選択できます

 武田/モデルナ社のワクチンを1回目にすでに接種した方も、ファイザー社のワクチンを希望する場合は、ファイザー社のワクチンを受けられます。

 ファイザー社のワクチンを希望する場合は、新型コロナワクチン接種推進室までお問い合わせください。

関連資料

 ・新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について(pdf 561KB)

関連リンク

 ・厚生労働省ホームページ