本文にジャンプします
メニューにジャンプします

日本脳炎ワクチンの定期予防接種に係る対応について

更新日:2021年4月22日

令和3年4月22日現在のワクチン入荷状況について

 令和3年4月22日現在、医療機関への日本脳炎ワクチンの入荷の見込みが立たず、接種の予約を受け付けることが難しい状況です。今後、日本脳炎ワクチンの安定した供給が可能になりましたら、「すぐメールかに」及び当ホームページにてご案内いたします。ご迷惑をおかけしますがご理解ご協力いただきますようお願い申し上げます。

※「すぐメールかに」登録方法については下記をご覧ください。

可児市メール配信サービス「すぐメールかに」とは?登録手順について

令和3年度 日本脳炎ワクチンの案内について

 日本脳炎ワクチンは、3歳(1期初回)で2回、4歳(1期追加)で1回接種後、9歳(2期)で1回接種の計4回接種をご案内しております。

 この度、日本脳炎ワクチンの製造上の問題が発生し、2社のうち全体の8割を占めていた1社の日本脳炎ワクチンの製造を一時停止したことにより、ワクチンの供給量に影響が生じることとなりました。

 すでに製造は再開されており、別の1社はワクチンの増産をおこなっていますが、令和3年度は2社合計で令和2年度と比較して80万本程度供給量が減少する見込みです。

 つきましては、供給量が安定するまで、下記のとおり対応しますのでご理解ご協力いただきますようお願い申し上げます。

・日本脳炎4回接種のうち、1期の2回接種(1回目及び2回目)の接種を優先します。

 ただし、定期接種として接種が受けられる年齢の上限が近づいている場合には、定期接種で受けられる年齢を過ぎないように、令和3年度内の接種をおこないます。

・令和3年度に1期追加接種の対象となる平成29年度生まれのお子さんは、令和4年度に1期追加接種をおこなっていただきます。

・令和3年度に2期追加の対象となる平成24年度生まれのお子さんには、令和4年度春に日本脳炎2期の予診票を個別案内します。

日本脳炎ワクチンの定期予防接種に係る対応について(pdf 168KB)