本文にジャンプします
メニューにジャンプします

可児市新型コロナウイルス感染症対策本部(又は感染症等予防対策本部)の対応状況

更新日:2021年7月26日

対応状況(7月26日更新)

上下水道料金課職員のPCR検査結果について

 可児市上下水道料金課において、新型コロナウイルス感染症に罹患している職員が確認されたことに伴い、念のために実施した関係職員のPCR検査結果については、下記のとおりです

 1.PCR検査結果

  ・7月25日(日曜日)、検査を受けた職員1名の陰性を確認しました。

対応状況(7月22日更新)

可児市職員の新型コロナウイルス感染症の罹患について

 本日(7月22日)、水道部上下水道料金課に勤務する50代の女性職員の新型コロナウイルス感染症の陽性が判明しました。状況及び対応は下記のとおりです。

  1. 当該職員の勤務状況

    ・7月19日(月曜日) 上下水道料金課で勤務。

    ・7月20日(火曜日) 同居の子が職場関係で濃厚接触者の判断を受けたとの連絡が入ったため、9時45分に早退し、その後PCR検査で子の陽性が判明。

  2. ・7月21日(水曜日) 同居家族としてPCR検査を受検。

    ・7月22日(木曜日) PCR検査の結果、陽性と判明。

  3. 対応

    ・事務室内と共用部分、上下水道料金課窓口等の消毒を実施済み。

    ・該当職員の濃厚接触者はいないが、念のため課内の正規職員1人が25日(日曜日)にPCR検査を受検する。(当該職員は窓口業務には従事していません)

   ・7月26日(月曜日)以降の上下水道料金課の窓口業務は通常通り行います。

 (注)今後の状況によって対応を変更することがあります。

  


これまでの対応状況

 ●令和3年1月以降の可児市の対応状況はこちらをご覧ください  ⇒ 新型コロナウイルスに関する市の対応状況まとめ

 ●令和2年12月以前の可児市の対応状況はこちらをご覧ください ⇒ 市の対応状況まとめ(令和2年12月以前)