本文にジャンプします
メニューにジャンプします

住基ネット第2次サービス(平成15年8月25日から)

更新日:2017年8月25日

住民票の写しの広域交付

 可児市以外の市区町村でも、住基カードまたは公的機関の発行した顔写真付きの身分証明書(運転免許証、パスポートなど)を、窓口で提示して申請することで、本人または同一世帯の人の住民票の写しの交付が受けられます。(ただし、市内での転居履歴、本籍地・筆頭者の記載はありません。)


※手数料は、交付を受けた市区町村に納めることになり、金額はその市区町村で定めた額になります。詳しくは、交付を受けようとする市区町村にお尋ねください。

転入転出手続の簡素化

 現在、引越しの場合には、まず住んでいる市区町村に転出届を提出し、転出証明書の交付を受けた上で、引越先の市区町村に転入届を行う必要がありますが、住基カードの交付を受けている場合は、現在住んでいる市区町村に一定事項を記入した転出届をあらかじめ郵送しておき、引越先に住み始めてから14日以内に、住基カードを引越先の市区町村の窓口で提示して、転入届を行うことにより、窓口に行くのが転入時の1回だけで済むようになります。


※住所変更以外の手続については、それぞれの担当窓口へお尋ねください。