本文にジャンプします
メニューにジャンプします

可児市広告宣伝費等助成金

更新日:2021年9月15日

可児市広告宣伝費等助成金

市は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた市内の中小企業者等が行う広告・宣伝等に要する経費を助成します。

 

お知らせ

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う緊急事態宣言発令による影響を考慮し、事業期間を以下のとおり延長します。

 

 〇申請期間

  令和3年9月30日まで  ⇒ 予算の上限に達するまで

 〇対象事業実施期間

  令和3年12月31日まで ⇒ 令和4年2月28日まで

 

 ※令和4年2月28日までに、「対象広告の成果物」と「経費の支払いが完了したことがわかる領収書等」を添付した実績報告書」の提出が可能なものであることが条件です。

対象者

中小企業信用保険法に定める中小企業者で、下記の条件を満たしているもの

  ※中小企業者の要件を見直しました。(令和3年9月1日)

  • 令和3年4月1日時点で市内に事業所を有している
  • 岐阜県が作成する「新型コロナウイルス対策実施店舗向けステッカー(ミナモステッカー)の交付を受け、感染防止対策を実施している
  • 次のいずれかに該当すること
    • 令和2年から直近月までに、前々年又は前年と比較して売上高が減少している月が3か月以上あること
    • 上記による比較ができない場合、令和2年1月以降の任意の1か月分の売上高が、事業開始から直近月までの期間の1か月あたりの平均売上高を下回ること。ただし、事業開始月を除く。
  • 次に掲げる事業を行うものでないこと
    • 政治的活動又は宗教的活動に関するもの
    • 公序良俗に反する、又は公的な資金の使途として、社会通念上不適切であると判断されるもの
    • 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条第5項に規定する性風俗関連特殊営業
  • 市税及び市各種納付金の滞納がないこと。ただし、新型コロナウイルス感染症の影響による徴収猶予許可を受けているものを除く。

対象経費

  1. 新聞、雑誌、地域情報誌等の広告の折込み又は掲載に要する費用
  2. パンフレット、ポスター、チラシ、ダイレクトメール、カタログ、クーポン券等印刷物の作成及び配布に要する費用
  3. ラジオ、テレビ等のCM(市内に本社を有する事業者が実施するものに限る)の制作及び発信に要する費用
  4. ホームページの作成、リニューアルにかかる経費
  5. ウェブ広告のデザイン料及び掲載費(事業実施期間内にかかる経費で、申請時に予算を設定できるものに限る)

    ※求人広告など、対象外となる広告等もあります。申請前にお問い合わせください。

    ※他の制度により助成を受けている事業に要する経費は対象外

 

助成金額

 対象経費(税込み)の2分の1(千円未満の端数切捨)

 上限5万円

 ※1事業者あたり1回限り

対象事業実施期間

 令和3年7月1日~ 令和3年12月31日 

           令和4年2月28日(※延長しました)

 

 ※事業実施期間の始期は「対象事業の見積を取った日、又は発注した日」、終期は「対象経費の支払いが完了した日」を言います。

申請受付期間

 令和3年8月16日~令和3年9月30日(当日消印有効)

           ⇒予算の上限に達するまで(※延長しました)

 

申請方法

 申請書及び下記の添付書類を、下記連絡先へ郵便又は信書便にてご提出ください。

 【添付書類】

  ・助成対象経費算出の根拠となる書類の写し(見積書、又は発注書)

  ・基準月(※)の売上がわかる資料及びその前々年又は前年同時期の売上高がわかる資料(3か月以上)

    (※)令和2年1月から直近までの、前々年又は前年と比較して売上が減少している月

 

   申請から支給までの流れ(pdf 316KB)

   新・制度のご案内(9/15~)(pdf 787KB)

 申請書(pdf 570KB)

 申請書(docx 20KB)

 

実績報告

 申請後、助成金の交付指令を受けた申請者は、対象事業の完了後、実績報告書を提出してください。

 【添付書類】

  ・助成対象経費の支払いが確認できる書類の写し(領収書等)

  ・対象事業が実施されたことがわかるもの(成果物の現物、データ、写真等)

  実績報告書(pdf 407KB)

  実績報告書(docx 18KB)