本文にジャンプします
メニューにジャンプします

「明智荘の館」の開館について

更新日:2021年5月14日

 大河ドラマ「麒麟がくる」の放送に合わせて花フェスタ記念公園内の花のミュージアムに設置していた大河ドラマ館跡地を活用し、市の歴史や文化などの魅力発信のための拠点「明智荘の館」として開館しました。

展示内容

 施設内は下記の6つのコーナーにテーマを分けてゾーニングし、パネル展示やモニターを利用した映像コンテンツの紹介などで楽しむことができます。
 ※展示等は今後、適宜変更していきます。

 (1)麒麟がくるの舞台(明智荘や明智光秀について紹介)    

 (2)大河ドラマの舞台は木曽川へ(承久の乱の舞台「大井戸の渡し」など木曽川左岸を紹介)

 (3)美濃桃山陶の聖地(志野や人間国宝について紹介)

 (4)戦国の世を生き抜き、可児市を駆け抜けた武将(市に所縁のある森家や信長の母の土田御前などを紹介)

 (5)伝説を旅する(恋物語の伝説の泳宮や鬼ヶ島など市に伝わる伝説を紹介)

 (6)連携市町村の情報コーナー

観覧について

 明智荘の館の観覧は無料ですが、花フェスタ記念公園への入園料が必要です。

  

 詳しくはこちらをご覧ください。→ 明智光秀のふるさと可児特設サイト