本文にジャンプします
メニューにジャンプします

【市民の皆さまへ】引き続き感染対策をお願いします。

更新日:2021年10月15日

 現在、新規感染者数、病症使用率ともにステージⅡ以下で推移していますが、減少スピードは鈍化し一定数の感染が確認されています。

 既に10月1日から施設の利用、イベント、学校行事等、社会経済活動が徐々に再開していますが、さらに10月14日をもって飲食店への時短要請が解除されました。

 また、秋の行楽シーズンを迎え、その先には人流が活発となる「年末年始」も控えていることから第6波への備えも必要不可欠です。

 今後も感染拡大を防止するために、引き続き市民の皆様一人一人のご協力が必要です。

 ワクチン接種をしても発症予防効果は100%ではないことから、接種後の方を含めてこれまでと同様に基本対策を徹底することが重要です。ご協力をお願いします。

  

 <感染予防ガイド ~新型コロナウイルスから生命を守ろう~> 岐阜県作成

感染予防ガイド(岐阜県作成)

 

「マスク着用」「手洗い徹底」「人との距離確保」(※基本対策を徹底)

  ・飛沫感染対策:マスク着用(できれば不織布。隙間なくフィット)

  ・接触感染対策:手洗い(頻繁・丁寧に)・消毒

  ・人との距離確保:フィジカル・ディスタンス

  ・三密 (密閉・密集・密接)の場の回避を。(こまめに換気)

 

     ワクチンを接種した方も、発症予防効果は高いものの100%ではないため、

  決して油断せずに、上記の基本的な感染防止対策を徹底しましょう!

 

STOPコロナ

感染リスクの高い場面を回避

  ・感染リスクが高まる下記の5つの場面を避けるようにしましょう!

感染リスクの高い5つの場面

「県をまたぐ移動」「外出」「飲食」に関する慎重な判断

  ・外出は混雑した場所や時間を避けて少人数で行動。

  ・路上、公園等における集団での飲酒など、感染リスクが高い行動は自粛する。

  ・帰省や旅行、出張など県境をまたぐ移動に関しては、基本的な感染対策を徹底する。

   特に感染拡大地域への不要不急の移動は極力控える。

  ・飲食は、自宅を含めて、大人数を避け短時間で、深酒をせず、大声を出さず、会話はマスク

   を着用(時だけマスクを外し、それ以外はマスクを着用)

  ・会食は4人までを基本とし、できる限り予約して短時間で。

  ・感染防止対策が取られた店を選択。(換気が良く、座席間の距離も十分、適切な大きさのアク

   リル板の設置、混雑する時間を避ける)

  ・カラオケは飛沫感染のリスクが高いため「マスクカラオケ」を徹底。これができない場合は自粛。

 

「うつさないために」体調不良時は必ず行動ストップ!

 ・「体調がおかしい (発熱など風邪症状、味覚・嗅覚障害、息苦しさなど)」と自覚したら、

  会食をはじめ外出、出勤、登校をストップ。ただちに医療機関へ相談・受診しましょう。

 ・体調不良の方が全ての行動をストップするよう、職場、学校、家族で徹底。

  併せて、その職場、学校、家族においても本人以外の関係者の健康状態を迅速に確認。

 ○発熱等の症状がある場合の相談・受診方法 ⇒  詳細はこちら(岐阜県ホームページ)

 

「みんなで取り組み」家庭で、職場で自己防衛

 身近な職場や学校、家庭での感染対策を徹底しましょう。

 職場・家庭に対策の担当を設置し、検温、マスク、手洗いなど感染防止対策を毎日チェックしましょう。

 一人一人が自己防衛の意識を持ちましょう。