本文にジャンプします
メニューにジャンプします

新型コロナウイルス感染症に係る介護認定の臨時的な取り扱いについて

更新日:2020年4月30日

 市では新型コロナウイルス感染の拡大防止を図る観点から、令和 2 2 17日及び令和 2 4 7日付厚生労働省老健局老人保健課事務連絡に基づき、以下の場合においては更新の方の要介護認定及び要支援認定の有効期限を、従来の期間に 12カ月合算(期限の延長)できる取り扱いをしています。

有効期限延長の取り扱いをする場合

  ・入所施設が立ち入りを禁止している等、被保険者への面会が困難な場合。

  ・感染防止の観点から、被保険者等が面接の延期を希望する場合。

取り扱い概要

  ・要介護(要支援)認定更新申請の方が該当となります。(新規申請・区分変更申請は対象となりません。)

  ・申請書を提出のうえ、合算(延長)を申し出ていただきます。

  ・申し出後、新しい介護保険証をお送りします。

※延長認定処理後に状態区分が変化したと推測される場合は、区分変更申請が必要となります。

※臨時的な取り扱いとなりますので、今後国からの通知等により、上記の取り扱いが変更となる可能性があります。

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?