本文にジャンプします
メニューにジャンプします

「令和2年7月豪雨災害義援金」の受付について

更新日:2020年7月14日

 この度の豪雨災害により被害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます。

 令和2年7月3日からの大雨により、九州地方を中心として広域にわたり甚大な被害が生じています。  

 岐阜県内においても、飛騨地域や東濃地域等で浸水被害や土砂崩れ等が発生しました。
 
 令和2年7月14日から、現在受付中の「令和2年7月豪雨災害義援金(広域)※注」(複数の被災県が対象)と共に「令和2年7月豪雨災害義援金(岐阜県)」の受付を開始します。(義援金箱が別に設置されます。)

 (※注 元々九州南部を対象とした義援金でしたが、九州を中心とした広域に被害が生じたことで対象が変更となり、「九州南部」から「広域」へ名称変更しました。)
                  
「東日本大震災義援金」「平成28年熊本地震災害義援金」「平成29年7月5日からの大雨災害(九州北部)義援金」「平成30年7月豪雨災害義援金(広域)」「令和元年8月豪雨災害義援金(佐賀県)」及び「令和元年台風19号災害義援金」を指定される場合は、申し出により別途受け付けます。     
 

受付場所

 市役所、市内各連絡所・地区センター、福祉センター、市役所水道庁舎、福寿苑、可児川苑、やすらぎ館、図書館本館、B&G海洋センター、多文化共生センター・フレビア、勤労者総合福祉センター・Lポート可児、子育て健康プラザ・mano、社会福祉協議会事務局 (計26カ所)
※義援金の受付は、各施設の開所・開館時間内に行います。(子育て健康プラザ・manoは会館日の18時まで)
※市役所、福祉センターは、土日曜日、祝日も受け付けます。 
 

問合先

社会福祉協議会(日本赤十字社可児市地区)62-1555
高齢福祉課 62-1111