本文にジャンプします
メニューにジャンプします

公園育みあい事業

更新日:2017年1月19日

公園育みあい事業

「公園育みあい事業」とは

 市民の皆さんに公園をより一層身近なものに感じてもらい、親しみをもって利用できる場になることを願って、公園のベンチ、遊具等を市民の皆さんからの寄附で設置する事業で、次のような方や場面での寄附を想定しています。

・公園を利用し、また公園に思い入れのある個人、団体、企業などの方々
・結婚、出産、退職など心に残る「人生の記念や想い出」に
・大切な人への「感謝の気持ちを表すきっかけ」に
・企業等の「社会貢献活動」の一環として

寄附いただいたものには、名前や簡単なメッセージなどを表示した記念プレートを取り付けます。

設置する公園

 市が管理する公園

公園内の設置場所

設置場所については寄附者の希望をもとに、協議のうえ決定させていただきます。自己都合による設置後の移動はできませんのでご注意ください。また、管理の都合によって移動する場合がありますので、御了承ください。

応募資格

 個人、団体、企業を問いません。

 ※事業の実施目的に適さないと判断される方を除きます。

募集期間

 随時受付

寄附していただくベンチ、遊具等の種類

市で用意するカタログから選択していただきます。ただし寄附者がそれ以外のものを希望する場合は、市と協議の上、選定することができます。

  ベンチ(pdf 435KB)
  スプリング/ロッキング遊具(pdf 1780KB)
  シーソー(pdf 363KB)
  滑り台(pdf 239KB)
  ブランコ(pdf 493KB)
 

財産の帰属等

  寄附物件は市に帰属し、一般の利用に供する施設として利用します。

寄附物件が老朽化し、安全に使用出来ない場合など、管理者が必要と認めた場合は撤去することがあります。

寄附金控除について

  1 特定寄附をした方は、確定申告によって所得税法上の寄附金控除が受けられます。
   (所得税法第78条第1項及び第2項第1号)
  2 地方公共団体に対する寄附金については、住民税の税額控除が受けられます。

(地方税法第37条の2第1項第1号、第314条の7第1項第1号)

 ※上記の措置を受けるためには、申告の際、物件(遊具名)受領証が必要となります。

記念プレートの仕様と記入例

 材質:金属製(真鍮製)形状:幅150mm 高さ60mm 厚さ1mm

 [記入できること]
  1 寄附者名(20文字以内) ※個人名・団体名・企業名
  2 メッセージ(40文字以内) 
      ※公園管理上ふさわしくないと判断されるものは、表示することができません。

    ・商品名及び商品の紹介

    ・政治、宗教に関すること
    ・個人または団体に対する誹謗中傷、品位に欠ける表現及び事業の趣旨に反する表現 等、公園の景観またはイメージにそぐわないもの
    ・その他市長がふさわしくないと認めるもの

(記入例)

    記念プレートイメージ図

           記念プレートイメージ図

 

応募の方法

「公園育みあい事業」に賛同され、寄附を希望する方は、寄附申出書に必要事項を記入の上、下記連絡先に郵送または直接提出してください。

応募から設置までの流れ

   応募から設置までの流れフロー図
※ 図中の太枠内の事項を寄附者が手続きしてください。
※ ベンチ、遊具の代金の振込先は一般社団法人日本公園施設業協会となります。後日、振込先等をお知らせします。

 

申請様式各種ダウンロード

 寄附申出書(docx 10KB)

公園育みあい事業 実績報告

 平成27年に2件のベンチ設置の申し込みがあり、設置した公園はいずれも「ふれあいパーク・緑の丘」です。
 寄附して頂いた方々に深く感謝するとともに、市民の方々が使いやすい公園をこれからも目指していきます。


【ふれあいパーク・緑の丘】

寄付頂いたベンチの画像