本文にジャンプします
メニューにジャンプします

「災害時における支援協力に関する協定」調印式について

更新日:2018年10月5日

 可児市では、平成30年10月4日にイオンビッグ株式会社と「災害時における支援協力に関する協定書」の調印式を行いました。

 
この協定は、可児市内において災害が発生した場合に、イオンビッグ株式会社が保有する又は調達可能な物資の供給及び市が指定する避難所までの運搬を行っていただきます。物資の供給を受けることで、避難所等で必要な物資を確実に確保することが可能となりました。県内の自治体では8例目となります。

 宮崎剛代表取締役社長は、「安心・元気・たのしいまちづくりの取り組みとも合致するものと確信しております」と話しました。

 冨田成輝可児市長は、「全国的に大きな水害や地震も起きているので心強い。可児市の元気を支える店舗として困った時の支援をお願いしたい」と述べました。

 災害時における支援協力・レジ袋有料化の取組みに関する協定書の調印式