本文にジャンプします
メニューにジャンプします

平成30年7月豪雨災害に係る可児市の対応について

更新日:2018年7月17日

可児市災害支援対策本部の設置

 可児市では、「平成30年7月豪雨」による災害の発生を受け、被害を受けた自治体に対し、各種緊急支援を行うために可児市災害支援対策本部を設置しました。可児市における支援状況は以下のとおりです。(平成30年7月17日時点)

現地における支援

被害状況調査業務への職員派遣 (下呂市)

「岐阜県及び市町村災害時相互応援協定」により、下呂市の被害状況調査業務に職員を派遣します。
・派遣期間:7月17日(火曜日)~7月27日(金曜日)
・派遣人数:1名

災害廃棄物処理業務への職員派遣 (下呂市)

 下呂市環境部環境施設課から災害廃棄物処理の応援要望により、下呂市金山に職員を派遣します。
・派遣期間:7月14日(土曜日)~7月19日(木曜日) 7月15日は除く
・派遣人数:2名
・車  輌:リフトダンプ 1台
 

 ボランティア

  被災地ボランティアへの参加については、現地の社会福祉協議会等から情報が発信されていますので、最新の情報を確認してください。
 
   なお、各地の災害ボランティアセンター等から、災害ボランティアに従事する者であることの確認を受けている可児市民の方について、有料高速道路を無償使用できることを証明する「災害派遣等従事車両証明書」を発行します。「災害派遣等従事車両証明の申請書」に必要事項を記入していただき、各地の災害ボランティアセンター等から災害ボランティアに従事する者であることの確認を受けた書類を添付のうえ、防災安全課に提出してください。

 災害派遣等従事車両証明書の発行については下記リンク先をご覧ください。

 http://www.city.kani.lg.jp/15201.htm

「平成30年7月豪雨災害義援金」の受付について

 この災害で被災された方々を支援することを目的として、義援金の受け付けを行っています。

 詳細は下記リンク先をご覧ください。
 https://www.city.kani.lg.jp/item/14828.htm