本文にジャンプします
メニューにジャンプします

【8月31日開催】「街道をあるく講座 ー犬山街道・恵土界隈編ー」のご案内

更新日:2018年8月1日

犬山街道子守神社南交差点の画像
犬山街道子守神社南交差点

 可児市には、江戸時代の主要交通路である中山道をはじめとして、明治街道、犬山街道など多くの街道が通っています。市内を通る街道の中には、主要国道や県道として今なお多くの往来のある街道もありますが、古い呼び方やルートは人々の記憶から消えつつあります。
 シリーズ「可児の街道をあるく」では、「広報かに」のコラム欄での紹介に加え、実際に街道の一部を歩いてみる講座を開催します。

 明治25年(1892年)に開通した「犬山街道」。中山道を御嵩町伏見で分岐し、中恵土、下恵土などを通って犬山市善師野に至ります。その道筋は、現在の県道御嵩犬山線(県道122号線)とほぼ重なります。犬山側ではこの道を逆に「御嵩街道」と呼び、当時は亜炭などの物資を運ぶ貴重な道でした。また、現代に入っても国道41号線が開通するまで、自動車で犬山まで通行するための重要な道路でした。
 地図を片手に、古墳や神社に寄り道しながら恵土界隈(中恵土・下恵土地区)を散策しませんか?


講座情報

日時 8月31日(金曜日)
午前9時30分から正午まで
集合場所 中恵土地区センター
散策ルート (出発)「中恵土地区センター」
→「中恵土地区センター内にて座学」→「長塚古墳」→「犬山街道」→「子守神社」→「犬山街道」→「六社神社」→「可児川遊歩道」→「中恵土地区センター」(到着)
距離 4km程度
定員 30名 (先着順)
申込方法 「氏名」「住所」「電話番号」を電話、FAX(0574-63-6751)、メール(bunkazai@city.kani.lg.jp)のいずれかで申し込む。
申込締切 8月29日(水曜日)
注意事項 ※雨天の場合は、中恵土地区センターでの講座となります。
※熱中症対策をしてお越しください。