本文にジャンプします
メニューにジャンプします

可児あんしんづくりフォーラムを開催します

更新日:2018年2月7日
これから迎える超高齢社会の中で、誰しもが住み慣れた地域で自分らしく暮らし続けていくためには、地域がお互いに支え合う「互助」が大切になってきます。
「可児あんしんづくりフォーラム」では、介護保険制度がどう変わってきたのか、なぜこれから支え合いが必要になってくるのかの講演や、パネルディスカッションで実際に市内で活動している方の声を聞くことで、支え合い活動の大切さ、楽しさを皆さんに知ってもらいます。
チラシの画像
案内チラシ(pdf 800KB)

日時

平成30年2月10日 土曜日 13時30分から15時30分 (開場は13時から)

場所

可児市文化創造センター 小劇場

プログラム

第1部 
基調講演「やっぱり、支え合いから始まる地域づくり」
講師 東北福祉大学教授 高橋誠一 氏

第2部
パネルディスカッション「話し合いから始まる支え合い」
コーディネーター 高橋誠一 氏
パネラー 松原昇平 氏(桜ケ丘ハイツ地区社会福祉協議会会長)
     坂口武 氏(若葉台高齢福祉連合会)
     國枝のり子 氏(広眺ケ丘サロン・三々五々 代表)
     永井正晃 氏(生活支援コーディネーター)

その他

参加費、事前申込みは不要です