本文にジャンプします
メニューにジャンプします

平成30年9月「東美濃ナンバー」導入に関するアンケートの実施について

更新日:2018年8月9日


 人口減少が深刻化する現在、産業振興、観光振興、地域振興を図るため、多治見市、中津川市、瑞浪市、恵那市、土岐市、可児市及び御嵩町の6市1町の経済団体、観光協会、行政さらに岐阜県が一体となって広域連携を推進しています。
 この連携する6市1町を象徴し、その魅力を全国に発信するための分かりやすい名称として考え出されたのが旧国名「美濃国」の東に位置する「東美濃」です。
 6市1町の魅力、つまり「東美濃ブランド」を全国に発信する象徴として、ご当地ナンバープレート「東美濃ナンバー」の導入を目指しています。
 つきましては、住民の皆さまのお考えをお聞きするためアンケートを実施いたしますので、お手元にアンケートが届きましたら、ご協力いただきますようよろしくお願いいたします。

          記

1 調査期間
平成30年9月1日から平成30年9月20日まで

2 調査対象者
可児市2,206人
(多治見市、中津川市、瑞浪市、恵那市、土岐市、可児市及び御嵩町に在住する
18歳以上の者の中から無作為抽出した10,000人 )

3 調査項目
(1)性別、年代、自動車運転免許保有の有無
(2)地域の魅力発信に関すること
(3)地域の連携に関すること
(4)「東美濃ナンバー」導入に関すること(賛成・反対の二者択一)