本文にジャンプします
メニューにジャンプします

第25回可児市文芸祭(結果)

更新日:2017年12月4日
 一般の部は、短編小説、随筆、現代詩、短歌、俳句、川柳、狂俳、俚謡の8部門に、市内外から総計1,417点の応募がありました。また、小中学生の部は、詩または作文、短歌、俳句の3部門に、市内小中学校から総計1,231点の応募がありました。
 審査の結果、一般の部は164点が、小中学生の部は176点が入賞、入選となりました。上位入賞者の方は、次のとおりです。

一般の部

【短編小説】
・文芸祭賞 原 鞠子(岐阜市)
・市長賞  前田 三紀(可児市)
・教育長賞 南谷 哲雄(関市)

【随筆】
・文芸祭賞 森下 道夫(名古屋市)
・市長賞  進藤 拓(豊川市)
・教育長賞 北村 和矢(可児市)

【現代詩】
・文芸祭賞 浅田 奈加子(多治見市)
・市長賞  瑠璃 光(名古屋市)
・教育長賞 小西 澄子(可児市)

【短歌】
・文芸祭賞 近藤 寿昭(可児市)
・市長賞  吉田 喜弘(可児市)
・教育長賞 海老 茂子(可児市)

【俳句】
・文芸祭賞 坂﨑 八千代(多治見市)
・市長賞  山田 英子(埼玉県)
・教育長賞 白木 イネ子(美濃加茂市)

【川柳】
・文芸祭賞 岡田 孝道(埼玉県)
・市長賞  金子 北陽(可児市)
・教育長賞 伊藤 千枝(八百津町)

【狂俳】
・文芸祭賞 小森 久子(美濃加茂市)
・市長賞  吉田 喜弘(可児市)
・教育長賞 小林 楓月(郡上市)

【俚謡】
・文芸祭賞 早津 郁男(神戸町)
・市長賞  川澄 と貴子(茨城県)
・教育長賞 助川 浩史(茨城県)

小中学生の部

【詩または作文】
・文芸祭賞 古山 怜次郎(蘇南中学校2年)
 
【短歌】
・文芸祭賞 加藤 葉月(東可児中学校2年)
   
【俳句】
・文芸祭賞 肥田 大輝(帝京大学可児中学校3年)

入賞作品の展示及び朗読会

 一般の部の優秀賞以上60点及び小中学生の部の特選以上58点の作品を展示し、上位入賞者は10日の表彰式にて表彰します。また、表彰式の後「冬の朗読会」と題し、文学座の俳優石井麗子さんによる各部門の文芸祭賞受賞作品の朗読会を行いますので、ぜひご来場ください。
展示(入場無料)
【期間】
12月6日(水曜日)から10日(日曜日)
午前9時から午後10時30分まで
※最終日は午後1時まで

【場所】
文化創造センター・アーラ ギャラリー
朗読会(入場無料)

【日時】

12月10日(日曜日) 午後2時から

【場所】
文化創造センター・アーラ 演劇ロフト

問合先

可児市文化創造センター・アーラ
〒509-0203 可児市下恵土3433番地139
電話0574-60-3311