本文にジャンプします
メニューにジャンプします

H29年度随縁に集う

更新日:2017年10月16日
「美濃桃山陶の聖地」可児市は、国宝志野茶碗銘卯花墻を生み出したまちです。また縁に集った人間国宝荒川豊蔵(志野・瀬戸黒)が志野復興を遂げたまちです。
そうした「美濃桃山陶の聖地」可児市をPRするため、豊蔵の暮らしぶりを体験する追体験や地元作家の窯元をめぐる窯めぐり、久々利保育園茶会など地元との縁を大切にした企画が盛りだくさんなイベント「随縁に集う」を開催します。
※申込が必要なプログラムがあります

【申し込み方法】
希望するプログラム、参加者氏名(2人まで)、代表者の住所・電話番号を明記し、各プログラムにつき1枚のはがきで申し込む。
(プログラム一覧)
(1)窯めぐり 加藤裕子
(2)窯めぐり 瀧口喜兵爾・瀧口大喜
(3)窯めぐり 月村貴彦
(4)追体験
(5)自然観察会
※上記以外のプログラムは申込不要となります。

【申し込み締切】
平成29年11月10日(金曜日)当日消印有効
持参する場合は、10日(金曜日)午後5時15分までに同課必着
※応募者多数の場合は、抽選となります。
 結果は発送を持って替えさせていただきます。

【送付先】
〒509-0292
可児市広見1-1 可児市役所観光交流課

随縁に集うチラシ表
随縁に集うチラシ裏

随縁に集うチラシPDF(pdf 5917KB)

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?