本文にジャンプします
メニューにジャンプします

令和元年度 可児市防災リーダー養成講座 について

更新日:2019年10月8日

令和元年度の受講生のみなさまへ(ご案内)

1.レポートについて

(1)レポートについて
このレポートは、研修の講義科目以外の講目について、履修確認を行うためのものです。
防災士教本等で学習して、下記の各講目について要点をまとめ、感想・意見・自らが出来ること等について200字程度で記入してください。

(2)提出内容
・欠席した講目がある場合は、該当の受講していない講目
・可児市の講座で取り扱わない、防災士教本の下記の11講目
 第2講 防災士の役割
 第6講 災害と交通インフラ
 第12講 災害とボランティア活動
 第16講 津波のしくみと被害
 第17講 火山噴火のしくみと被害
 第21講 災害情報の入手と活用    
 第22講 災害と流言・風評
 第24講 地震に関する知見・情報
 第25講 被害想定とハザードマップ
 第28講 災害と危機管理
 第31講 地域の復旧と復興

(3)提出方法
次のいずれかの方法でご提出ください。
講義で参考様式を配布していますが、様式は任意です。
・紙での提出
【提出方法】
講座実施日に会場受付へ提出。
または、可児市防災安全課の窓口へ持参・郵送等により提出。
・電子メールでの提出
【提出方法】
電子メールにレポートを添付して、可児市防災安全課(bousai@city.kani.lg.jp)へ送信してください。
件名に「受講番号○番 氏名 可児市防災リーダー養成講座レポート」と記入してください。
【様式ダウンロードURL】
参考様式が必要な場合は、こちらからダウンロードしてお使いください。
令和元年度 可児市防災リーダー養成講座 レポート様式(docx 18KB)

(4)提出期限
講座の最終日(令和元年12月15日(日))の午前9時30分まで

2.試験対策講座について

防災士の試験対策講座を実施します。受講は任意としますので、当講座の受講の有無は「可児市防災リーダー養成講座」の修了要件と関係ありません。
開催日時および場所は下記のとおりです。
・日付:令和元年12月7日(土曜日)
・時間:午前9時00分 から 午前9時40分
・会場:可児市役所 4階 第1会議室
※講座第1日目にご案内していた日程から、開始時間と終了時間が変わっていますので、ご注意ください。
※会場が、講座(第1日目・第3日目)と異なるため、ご注意ください。
※自家用車で来場される場合は、市役所駐車場をご利用ください。

3.「令和元年10月13日 講座(第2日目)の中止」及び「代替日程のご案内」について

台風19号の接近に伴い、下記日程の講座を中止することを決定しました。
また、講座中止に伴い、代替日程を設けますので、ご確認いただきますようお願いします。

(1)中止する講座
令和元年10月13日(日曜日)
講座(第2日目)の全カリキュラム

(2)代替日程について
中止となった講座講目につきましては、次の日程で代替講座を開催する予定です。
・日付:令和元年12月7日(土曜日)
・時間:試験対策講座(午前9時00分から午前9時40分)終了後 から 午後5時00分
・会場:可児市役所 4階 第1会議室

※上記の代替日程で受講ができない場合は、防災安全課担当へご相談ください。
※会場が、講座(第1日目・第3日目)と異なるため、ご注意ください。
※自家用車で来場される場合は、市役所駐車場をご利用ください。


講座案内について ※今年度の受講申込は修了しました

可児市防災リーダー養成講座の概要

可児市では、防災・減災に関する専門的な知識と技能を有する「防災士」を養成する「可児市防災リーダー養成講座」を平成24年度から実施しています。
災害発生時は、自分の身は自分で守る「自助」、身近な地域で助け合う「共助」が被害を小さくし、命を守る大きな力になります。
防災士には、「平時における防災意識の啓発・訓練」「地域における被災者支援活動」「公的支援が到着するまでの被害の拡大軽減活動」といったことが期待されています。

平成31年1月現在、可児市では当講座の修了生256名が、「防災士」として地域の自主防災組織や各団体で活動しています。

防災士とは、特定非営利活動法人 日本防災士機構が認証する民間資格であり、「自助・共助・協働」を原則として社会の様々な場で、防災力を高める活動が期待され、そのための十分な意識と一定の知識技能を有する者として認められた人のことです。
防災士の資格は、市が実施する養成講座および消防署の普通救命講習を受講した上で、養成講座の最終日に実施される「防災士試験」に合格し、防災士として登録することで、取得することができます。 

令和元年度「可児市防災リーダー養成講座」について

1.目 的
災害に対する正しい知識や技能を取得していただき、平時において地域の防災訓練・研修で活躍し、災害時には救援救護活動を担っていただける地域の「防災リーダー」を養成するため、防災の第一線で活躍する研究者や関係機関、防災ボランティアを講師として、防災リーダー養成講座を開催します。 また、本講座を受講された方は「防災士」の資格試験(最終日)を受験することができます。※防災士とは、「自助」「共助」「共同」を原則として、社会の様々な場、減災と社会の防災力向上のための活動が期待され、かつそのために十分な意識・知識・技能を有するものとして、日本防災士機構から認められた人たちです。
2.内 容
(1)開催日全4回の連続講座です。
第1回 令和元年9月8日(日曜日)
第2回 令和元年10月13日(日曜日)※第2回は中止のため別途代替日程を設けています
第3回 令和元年11月9日(土曜日)
第4回 令和元年12月15日(日曜日)
(2)時間
各回とも午前9時30分から午後5時ごろまでです。
(3)会場
第1回から第3回 広見地区センター会議室1
第4回 可児市総合会館5階ホール
(4)形式
講義、グループワーク、救命救急講習等(別途レポート提出を求めることがあります)。
(5)その他
最終日に、特定非営利活動法人日本防災士機構が実施する防災士資格取得試験を受験していただきます。
3.対象者
次のすべての要件を満たす人 ・市内在住または在勤の人
・防災士の資格を生かし、地域の防災活動で活躍できる人(学生も可)
・原則4日間すべての講座に出席できる人
4.定 員
50人(先着順)
5.受講料
11,500円(教材費、受験料、防災士認証登録申請費)
※自治会、事前に市に登録した自主防災組織等からの推薦により受講する場合は、「地域防災力向上補助金」の対象です(受講料の全額(ただし千円未満切捨て)が補助されます)。
※補助金を利用したい場合は、必ず事前に補助金申請をしていただきますようお願いします(受講申込締切後の申請は補助金対象とならない場合がございます)。
※詳細については防災安全課防災係までお問い合わせください。
6.申込期間
令和元年7月16日(火曜日)から令和元年8月6日(火曜日)まで
※防災安全課必着
7.申込方法
受講申込書に必要事項を記入し、可児市防災安全課へ提出(持参・郵送・FAX・電子メール)してください。郵送先:〒509-0292可児市広見一丁目1番地
FAX:0574-62-1172
電子メール:bousai@city.kani.lg.jp

令和元年度 受講申込書および開催要項(docx 28KB)
令和元年度 受講申込書および開催要項(pdf 176KB)
8.その他

○持ち物
・令和元年度 可児市防災リーダー養成講座 の受講決定について
・筆記用具
・配布したテキスト等

○「可児市防災リーダー」の認定 および「防災士」の資格取得について
(1)可児市防災リーダー
・全4回すべての講座を修了することが認定要件です。
・やむを得ない理由により一部の講座欠席された場合は、本講座で取り扱う20講目のうちの80%(16講目)以上を受講していれば、欠席講目のレポートを提出していただくことにより、要件を満たすことが可能です。
ただし、「普通救命講習・応急手当」は、実習に参加していただく必要があるため、レポートでの代用はできません。
(2)防災士
・上記(1)の「可児市防災リーダー」認定を受けた上で、こちらが用意したレポートをご提出いただければ、試験の受験が可能です。
試験に合格された方は、防災士の資格取得ができます。
・詳しい要件等は、講義の際に担当から改めて説明いたします。
※都合により、受講できない講目がある、試験を受験できない等の場合は、お早めにご相談ください。

○講座の中止について
受講会場における受講者の安全確保のため、下記のような状況の場合、講座を中止する場合があります。また、講座開催中においても、受講者の安全が確保されないと判断した場合は、講座を中止することがあります。
・台風の接近
・市域に大雨、洪水、暴風の警報または、大雨、暴風の特別警報のいずれかが発表された場合、または相当規模の災害が発生(発生する恐れがある)した場合
・市域で震度5強以上の地震が発生し、かつ相当規模の災害が発生した場合、または、発生する恐れがある場合
※中止の判断をした場合は、市ホームページでお知らせしますが、受講者には個別に中止のご連絡はしませんので、あらかじめご了承ください。

○昼食について
・非常食による簡単な昼食(ご飯、味噌汁)です。
・軽食のため不足すると思われる方は、弁当等を持参していただいてかまいませんが、保冷剤などの食中毒対策をお願いします(冷蔵庫等はありません)。

○貴重品の管理について
・貴重品は各自で管理してください。紛失等の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。