本文にジャンプします
メニューにジャンプします

高齢者福祉

更新日:2017年2月13日

高齢福祉課・福祉課

高齢者の生活をささえるための福祉サービスを実施します。

事業名 目的 対象者 内容 負担
虚弱高齢者ショートステイ事業 緊急に養護が必要と認められた場合、養護老人ホームにて一時的に入所させ生活の安定を図ります。 介護保険認定外の65歳以上の高齢者で、本人およびその家族にやむを得ない事情のある人 養護老人ホームに一時的に入所(1週間程度まで) 1日当たり
1,730円
安否確認・配食サービス事業 食事を配達した時に安否確認を行うことにより、日常生活を支援します。 〇65歳以上の一人暮らしの高齢者および高齢者世帯で、疾病などの理由で調理が困難な人
〇身体障害者手帳1級または2級の交付を受けている一人暮らしの人
市が委託した配食事業者の中から各個人が自由に選定 昼・夕食とも食事代(配達費、安否確認費を含む)から200円を引いた額
緊急通報システム事業 緊急時の連絡体制を24時間とることで、日常生活の不安解消および安否確認をします。

〇65歳以上の一人暮らしの高齢者
〇65歳以上の高齢者世帯でどちらかがねたきり等身体虚弱等の人
〇65歳未満の一人暮らしで、ねたきり等身体虚弱等の人

※3名の協力員が必要です。

ペンダント型無線機・通報用装置又は、携帯電話型通報器の貸与 世帯の住民税課税状況により、費用負担が必要になります。
生活保護、住民税非課税世帯=無料
住民税課税世帯=月額300円
介護用品購入助成事業 在宅の要介護高齢者の介護用品購入費を一部助成します。 在宅で生活する要介護認定1~5までの人 おむつ(要介護4、5)=月6,000円以内、おむつ(要介護3以下)=月3,000円以内、ねまき=年12,000円以内、肌着=年5,000円以内、防水シーツ=年8,000円以内 世帯の市民税課税状況により、費用負担が必要になります。
生活保護、市民税非課税、45,000円以下の世帯=0%
45,001円以上180,000円以下の世帯=50%
180,001円以上の世帯=100%
地域包括支援センター 介護や健康、権利を守ることなどのさまざまな相談を受け付けます。 高齢者とその家族

市内に6箇所のセンターがあります。

  • 可児市地域包括支援センター
  • 可児市東部地域包括支援センター
  • 可児市土田地域包括支援センター
  • 可児市帷子地域包括支援センター
  • 可児市北部地域包括支援センター
  • 可児市南部地域包括支援センター
※詳細は、下記のリンク先のページを参照してください。

 

無料

生きがいづくり事業

 65歳以上の人たちのうち、8割以上の人は元気高齢者といわれています。 こうした人たちが、ますます元気でかつ生きがいをもって生活できるようにするために、老人クラブを中心にして、各種の生きがいづくりを進めています。

(1) 老人クラブ助成事業

  可児市健友連合会の社会奉仕活動、生きがいを高めるための各種活動及び健康づくりにかかる各種活動に助成する事業です。 【助成対象】 次の要件に該当する老人クラブが助成の対象となります。
 1.会員数が概ね30人以上であり、可児市健友連合会に加入している単位老人クラブ。
 2.会員の年齢は、60歳以上とすること。
 3.会員は同一小地域に住み、その区域はほかのクラブと重複しないこと。
 4.クラブは政治上又は宗教上の組織に属さないものとすること。
 5.クラブの運営は、会員により民主的に行われること。
 6.クラブの活動費に充てるため、会費を徴収すること。
 7.クラブの活動は、月1回以上実施すること。
【可児市健友会所属老人クラブ】
地区名 老人クラブ名  地区名  老人クラブ名 
今渡  笑和会  帷子  光陽台光友会 
川合  第1青木会  姫治  今長寿会 
川合  第2青木会  姫治  山寺長寿会 
川合  第3青木会  姫治  下切下長寿会 
下恵土  恵友会  平牧  万年青会 
土田  巴会  平牧  大森健友友の会 
土田  旭会  平牧  可児川クラブ 
帷子  長坂みどり会  桜ケ丘  皐クラブ 
帷子  若葉台光寿会 広見  広眺ケ丘ことぶき会 
帷子  愛岐ケ丘友和会    広見  広見げんきかい!! 
帷子  緑寿会   
 ※入会を希望される方は、市高齢福祉課内健友会事務局までご連絡ください。

(2) 高齢者生きがいづくり推進事業

  高齢者を対象に、教養・文化を高めるため、次のような講演会・作品展・体力測定・講話や各種の競技会等を開催しています。 【事業内容】
 1.講演会等の開催
 2.ふれあい新聞、文芸集「養寿」の発行
 3.カラオケ発表会
 4.体力測定・講話(市内6会場)
 5.体育大会の開催
 6.ゲートボールなどの軽スポーツ振興
 7.健友大会(功労者の表彰式)
 8.演芸大会

(3) 心配ごと相談事業

  日常生活全般における心配ごとの相談に応じ、適切な助言・援助を行うことで福祉の増進を図ります。  
 ○対象者:市内に居住している方
 ○日時:毎週火曜日 午後1時から4時(年末年始は休み、祝日の場合は翌日に振替)
 ○場所:福祉センター
 ○内容:民生児童委員などが相談に応じます。
 ○利用料:無料
 

(4) 敬老事業

 長年にわたって社会に貢献された75歳の高齢者を対象とした「いきいき長寿のつどい」の開催や、100歳の方の長寿を祝してお祝い状と記念品を贈呈することにより、敬意を表すための事業です。
 

(5) 公益社団法人可児市シルバー人材センター

 シルバー人材センターは、60歳以上の人が会員となり、高齢者が長年培った技能・経験を活かして働くことを通じて社会参加を推進し、生きがいを高めるところです。生きがいの充実と福祉の増進を図るとともに、活力ある社会づくりに役立つための活動を行っています。市は、これらの活動に対して助成を行っています。詳しくは、可児市シルバー人材センターへお問合せください。 [ 可児市福祉センター内 TEL:63-5811 ]

老人福祉センター

 市内在住の60歳以上の高齢者の方が、健康増進、機能回復訓練、教養の向上及び娯楽の場、並びに老人クラブの活動の場として親睦を図り、明るい余暇時間を過ごしていただいたり、各種の相談や指導を受けたりしていただく施設です。
 

(1) 老人福祉センター可児川苑

○所在地:可児市坂戸765番地
○開館時間:午前9時から午後4時
○休館日:土曜日、日曜日及び祝日、年末年始(12月28日から1月4日)
○電話番号:0574‐61‐0248
集会室、教養娯楽室、図書室、相談室、ロビー、男女浴室、機能回復訓練室等があり、屋外にはゲートボール場1面を併設しています。
 

(2) 老人福祉センター福寿苑

○所在地:可児市大森347番地2
○開館時間:午前9時から午後4時
○休館日:土曜日、日曜日及び祝日、年末年始(12月28日から1月4日)
○電話番号:0574‐63‐3333
集会室、和室、研修室、ロビー、男女浴室、機能回復訓練室等があり、屋外にはゲートボール場6面を併設しています。
 

(3) 老人福祉センターやすらぎ館

○所在地:可児市兼山1011番地1
○開館時間:午前9時から午後4時
○休館日:土曜日、日曜日及び祝日、年末年始(12月28日から1月4日)
○電話番号:0574‐59‐2223
和室(教養娯楽室、集会室、健康相談室)、生活相談室、ロビー、男女浴室、機能回復訓練室等があります。

リンク