本文にジャンプします
メニューにジャンプします

自治会活動について

更新日:2016年4月12日

自治会とは

 私たちの住んでいる地域には、ゴミ処理、交通安全、青少年非行防止、ひとり暮らしの高齢者、道路や公園の環境整備、防火・防犯・防災などいろいろな問題があります。個人や家庭だけで解決するのはむずかしく、同じ地域に住んでいるみなさんで力を合わせ、解決していくことが必要です。

 自治会は、これらの問題に対処しながら、地域のコミュニティの中心的な存在として地域のみなさんの親睦を図り、生活環境の向上と地域の発展のために、自らくらしのルールを定めてより良い地域をつくっていく住民組織です。

 昭和57年4月、可児市が誕生したときに、それまでいろいろな形態や名称であったそれぞれの地域の自治組織を統一して、自治会ー自治連合会ー市自治連絡協議会という現在の体制に整えられてから30年以上が経過しました。多くの世帯が自治会に加入し、お互いが協力し合い、大人から子どもまでさまざまな活動に参加しながら自主的にまちづくりを進めています。

自治会の主な活動事例

  • 住民相互の連絡活動(広報紙、回覧版)
  • 防犯灯の維持管理
  • ごみ集積場の維持管理
  • 環境美化活動(春と秋の花いっぱい運動、緑地の管理など)
  • 防犯・防火活動、防災訓練
  • 交通安全運動・青少年健全育成活動
  • 親睦・リクリエーション活動(お祭り、スポーツなど)

可児市では、134自治会が14の自治連合会を構成しています(平成28年4月現在)

連合会名 連合会ごとの
自治会加入率
自治会名

今渡

35.35%

今渡台、鳴子、神明、東浅間、西浅間、
八幡、住吉、東住吉

川合

36.63%

川合東、川合西、川合南、川合北

下恵土

44.86%

東林泉、宮瀬、今広、古市場、沓井、東上屋敷、西上屋敷、船岡、沢渡、徳野、東団地、オーケーズ、禅台寺山ニュータウン、
ひろみ台、グリーンポリス広見

土田

43.53%

井之鼻、栄町、東山、上町南、上町北、
大王製紙社宅、中町、東下町、夕日ケ丘、
KYBハイム、横町、西下町、花軒、大脇、北町、KYB厚生社宅、大池雇用促進住宅、

渡忠、渡孝、下切、堀口

帷子

83.73%

中切、古瀬、美濃田、菅刈、石原、茗荷、若葉台、長坂、鳩吹台、緑、愛岐ケ丘、
光陽台、虹ケ丘

春里

66.82%

矢戸、塩、坂戸、塩河、室原、長洞、
清水ケ丘、日本ランド、美里ケ丘、坂戸台

姫治

62.31%

谷迫間、下切下、山寺、青木、今、北姫ニュータウン、みずきケ丘

平牧

74.97%

羽崎区、二野区、大森区、緑ケ丘、
羽生ケ丘、松伏、大森台、平林、宮町、
小松坂、奥山台、星見台

桜ケ丘ハイツ

89.45%

桜ケ丘、皐ケ丘、桂ケ丘

久々利

72.58%

北町、南町、柿下、北部、東部

広見東

60.78%

瀬田、柿田、渕之上、平貝戸、明智、石森、しらさぎ、市営住宅

広見

58.08%

石井、山岸、市営住宅、広眺ケ丘、伊川、
田尻、中央通り、川北、田白、乗里、
鳥屋場、ボーコスモス、村木

中恵土

51.38%

前波、新田、上野、桃塚住宅、
雇用促進住宅、助太郎住宅

兼山

81.38%

秋葉台、魚屋東町、魚屋町、本町、常盤町、盛住町、宮町、柳栄町、下町

            可児市全体自治会加入率  62.72%

※加入率は、自治会加入世帯と住民登録世帯で計算しており、互いに算出根拠の   

 違う数値で計算されていますので、実際の加入率とは異なり、あくまで参考値とな 

 ります。)

自治会に加入しましょう

 自治会は、私たちの生活に最も身近な団体であり、地域のみなさんがふれあい、対話する場です。ぜひ、地域の共同活動に参加し、安全で安心して暮らせるまちづくりを進めていきましょう。

自治会への加入方法

 原則、その区域に住んでいればどなたでも自治会に加入できます。自治会への加入方法は様々ですので、直接各自治会、または不動産会社等(新たに市外から転入されてきた方や転居された方)へお問い合わせください。

 自分が住んでいる区域が、どの自治会に該当するのか不明なときには、市役所地域振興課又はお住まい近くの市連絡所へお問い合わせください。

自治会への市からの支援

 自治会活動に対して、市から様々な補助金が用意されており、補助金を活用す

ることで積極的な自治会活動に取り組むことができます。

広報紙の配布

 市から自治会を通して、毎月2回「広報かに」の配付をします。

自治会を設立したいときは

  • 集合住宅や宅地開発による分譲住宅などにお住まいで、現在地元の自治会に
    加入していない世帯の方は、一定規模以上の世帯が集まって自治会を設立する
    ことができます。自治会を設立することで、地域の防犯、防災、交通安全、青少
    年健全育成などの地域の課題に取り組んだり、地域の親睦を図ることができま
    す。
  • 自治連合会を通して、市に対して自治会で問題となっている事項などについて要
    望をしています。また、自治連合会では、地域の自治会が抱える共通の問題へ
    の取り組みや、防犯パトロールなどのように複数の自治会で取り組んだほうがい
    い活動などを行っていますので、自治会設立と合わせて自治連合会へ加入しまし
    ょう。

自治会設立のために必要なこと

  • 自治会を設立するにあたり、まずは自治会を設立しようとする全世帯で会議(設
    立準備会の立ち上げ)を開き、次の事項を決める必要があります。(自治会規約
    の例が添付ファイルにあります。)
    • 名称(○○自治会など)
    • 結成年月日
    • 役員(会長、副会長、会計、監査、班長など)
    • 会員(加入者の名簿)
    • 区域(隣接する自治会に重ならないようにする)
    • 規約(自治会活動を行ううえでの決めごと)
    • 事業計画及び予算書
    • 班(回覧板などの班構成)
    • 地域の自治連合会との連携の方法
    • 各種委員の選出(自治連合会関係の役員など)

                                       など

自治会活動を充実させましょう

市は、自治会活動を充実させるためのさまざまな支援を行っています。

自治会活動に対する市の支援一覧(詳細は添付ファイルをご覧ください)

自治会活動報償費

 市の広報・回覧文書の配付、ゴミの分別、ゴミ集積場、防犯灯の維持管理などの活動を担っていただくことに対して、自治連合会単位で謝礼を支出します。

地区集会施設補助金

 地区の集会施設の新築、増改築または改修に要する事業費の一部を補助します。

防犯灯設置事業補助金

 地域の治安向上及び交通安全を図るため、自治会などが設置する防犯灯の設置費の一部を補助します。

地域防災力向上事業補助金

 

 市民生活の安全を図るため、消火栓ホース、自衛消防隊車庫の新築、防災備品購入費、防災倉庫購入費などの防災設備の整備費の一部を補助します。

公園遊具等設置
(補修)事業補助金

 自治会管理の公園における遊具等の設置又は補修に係る経費の一部を補助します。

ごみ集積場の設置補助金  

 ごみの散乱防止並びにまちの環境及び美観の向上を図るため、自治会等が設置する一般廃棄物集積場の設置費の一部を補助します。

家庭廃棄物処理施設設置補助金

 ごみの減量化を図るため、自治会が購入する枝葉粉砕機の費用の一部を補助します。

かにロードサポーター助成事業

 市が管理する道路(歩道、路肩、法面など)を年間を通して、除草、清掃、パトロールを実施する団体の活動に要する費用の一部を助成します。

道路補修資材支給

 自治会が実施する市道又は赤道の補修に使用する資材を支給します。

グラウンド等砂支給

 自治会等で使用管理しているグラウンドやゲートボール場等に、補充用の砂を支給します。

公園補修に関する
資材支給

 公園の維持管理作業に使用する材料を支給します。

公共施設管理作業時の機器具貸出

 自治会等が実施する公共施設管理作業時に使用する機器具を貸出します。

体育振興行事等の
社会体育備品貸出

 自治会等の体育振興行事等に使用する社会体育備品を貸出します。

公園・緑地等の
刈草・枝条処分

 自治会が管理する公園・緑地の伐採作業で集めた刈草・枝条の処分を市が行います。

添付ファイル

リンク