本文にジャンプします
メニューにジャンプします

平成25年4月から難病等の方々が障害福祉サービスの対象となります

更新日:2013年3月15日

制度について

平成25年4月に施行された障害者総合支援法では、障がい者の範囲に難病等の方々が加わります。
対象となる方々は、身体障害者手帳の所持の有無に関わらず、必要と認められた障害福祉サービス等の受給が可能となります。

対象者

対象疾患による障がいがある方々

手続き

対象疾患に罹患していることがわかる証明書(診断書又は特定疾患医療受給者証等)を持参の上、担当窓口に支給を申請してください。
その後、障害程度区分の認定や支給認定等の手続きを経て、必要と認められたサービスを利用できることになります。

添付ファイル