本文にジャンプします
メニューにジャンプします

大河ドラマ「麒麟がくる」初回放送パブリックビューイング

更新日:2019年11月26日

 大河ドラマ「麒麟がくる」の初回放送を、1月19日に延期するとの発表がありました。これに伴い、当初1月5日に予定していましたパブリックビューイングに関する今後の対応については、改めてお知らせいたします。
 現在観覧応募人数406名につきましては、後日、文書を発送しお知らせいたします。



 大河ドラマ「麒麟がくる」の第1回放送を出演者と一緒に観ませんか。
 パブリックビューイングの前後にトークイベントも開催します。
 ドラマの主人公は明智光秀。光秀は明智荘(現在の可児市北東部から御嵩町西部の一帯)で生まれ、落城までの30年間を明智城で過ごしたという説があります。そんな可児市では令和2年1月11日から花フェスタ記念公園で「麒麟がくる ぎふ可児 大河ドラマ館」が開館します。光秀で盛り上がる可児市でのまたとない機会です。奮ってご応募ください!

tokushigesan
大河ドラマ「麒麟がくる」藤田伝吾役の徳重聡さん

日時

 令和2年1月5日(日曜日)午後5時00分から午後7時30分まで

内容

 午後5時00分から午後6時00分まで トークイベント
 午後6時00分から午後7時15分まで 麒麟がくる 第1回 パブリックビューイング
 午後7時15分から午後7時30分まで トークイベント

場所

 岐阜医療科学大学 可児キャンパス 3号館大講義室

募集定員

 300人(抽選)

応募方法

 往復はがきに記入し、送付する。記入方法は下記を確認してください。

ouhukuhagakiomote


応募締切

 11月22日(金曜日)必着

当選通知

 11月27日(水曜日)抽選後、返信はがきを発送

主催

 可児市大河ドラマ「麒麟がくる」活用実行委員会、岐阜県、NHK岐阜放送局


アンケート_お問合わせ

このページの情報は役に立ちましたか?