本文にジャンプします
メニューにジャンプします

避難情報等の「警戒レベル」導入について

更新日:2019年7月8日

避難情報等の「警戒レベル」導入について

警戒レベルとは

 平成31年3月の内閣府による避難勧告等に関するガイドライン改訂に伴い、避難情報等が警戒レベルに応じて5段階に分けられ、避難のタイミングが明確化されました。
 大雨で川の水位が高くなったり、山間部で土砂災害などの恐れがある場合に、市内該当地域に避難情報を発令します。自分や家族がどのタイミングで、どんな行動をすべきか、事前に確認しておきましょう。
警戒レベル 行動を促す情報 住民のとるべき行動 発令・発表の方法
【災害発生情報】 既に災害が発生している状況のため、
命を守る最善の行動をとる。
市が発令
(可能な範囲で)
【避難指示(緊急)】
【避難勧告】
最寄の避難所等の安全な場所へ全員避難する。 市が発令
【避難準備
・高齢者等避難開始】
高齢者等の避難に時間を要する人は避難する。
他の住民も避難準備をする。
市が発令
注意報 避難場所や経路を確認する。 気象庁が発表 
早期注意情報 最新の気象情報に注意する。 気象庁が発表

啓発資料

チラシ

内閣府が作成したA4表裏の啓発用チラシです。
内閣府作成の警戒レベル啓発チラシ(pdf 7256KB)

映像資料

内閣府が作成した映像資料(5分程度)です。
警戒レベルに関する映像(zip 33268KB)

なお、映像資料はyoutubeにも公開しています。

youtube(タイトル:警戒レベルに関する映像)