本文にジャンプします
メニューにジャンプします

戦国宝探しin東美濃の山城~東美濃に眠る三宝~

更新日:2018年9月18日

a

【訂正とお詫び】 「宝の地図」可児市エリアの情報屋に下記の誤りがありました。
情報屋 
(誤)Boulangerie N2/En carre                      
    モーニング:9:00~11:00 ランチ:11:00~14:00 cafe:9:00~15:00
(正)
Boulangerie N2/En carre      
        営業時間 9:00~19:00

(誤)れいんぼー  定休日:月曜日
(正)れいんぼー  定休日:月曜日・火曜日             




ミッション:東美濃三宝を探せ!

東美濃地方には古来より中山道が通り、木曽川の流域でもある非常に重要な拠点とされていた。
そんな東美濃の戦国時代にまつわる三つの宝の噂を手に入れた。

中津川市には「武田信玄が部下に与えた宝玉」が 
恵那市には「織田信長が叔母に送った櫛」が
可児市には「鬼武蔵と恐れられた森長可の名槍」が

隠されているようだ。 
宝の地図に書かれた暗号を解読し、それぞれの地域に眠っている宝物を見つけだしてくれ。

実施内容

(1)参加者はまず「宝の地図」を入手。(下記ページからダウンロード)
 ※配布箇所:市内小学校、エリア内の観光施設、公共施設、道の駅など

(2)地図に記されている3つの謎を解読し、宝箱の隠し場所が判明。宝箱の中に書かれた
【キーワー ド】を、地図の記入欄に書き留める。

(3)【キーワード】を発見報告所で報告するとゲームクリア
 クリアされた方には先着順でクリア賞をプレゼント。
 さらに、アンケートに答えると抽選で豪華景品をプレゼント。

日時・場所

開催日:2018年10月1日 ~ 2019年1月6日
 場所:恵那市、中津川市、可児市

宝の地図

(pdf 9960KB)(訂正済み)


 

 

 



				
			

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?